トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年

2014年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2014年12月号(Vol.24 No.12)
特集 CKD-MBD(慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常)の新たな展開
■2014年11月号(Vol.24 No.11)
特集 生活習慣病と骨 UPDATE
■2014年10月号(Vol.24 No.10)
特集 サルコペニア ~医療職間連携による多角的アプローチ~
■2014年9月号(Vol.24 No.9)
特集 ステロイドホルモンと骨
■2014年8月号(Vol.24 No.8)
特集 悪性腫瘍と骨・カルシウム
■2014年7月号(Vol.24 No.7)
特集 骨・血管連関 ~最近の進歩~
■2014年6月号(Vol.24 No.6)
特集 ホルモン,サイトカインと骨
■2014年5月号(Vol.24 No.5)
特集 骨関節疾患の疫学 ~現状と課題~
■2014年4月号(Vol.24 No.4)
特集 骨と幹細胞
■2014年3月号(Vol.24 No.3)
特集 骨粗鬆症の新しい診断基準・ガイドラインをめぐって
■2014年2月号(Vol.24 No.2)
特集 バイオミネラリゼーション ~結晶学から臨床まで~
■2014年1月号(Vol.24 No.1)
特集 骨粗鬆症治療の新たな展開
2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

CLINICAL CALCIUM 2014年9月号(Vol.24 No.9) 目次

A4変型判/毎月28日発行/定価(本体2,500円+税)

特集 ステロイドホルモンと骨
【企画:宗圓 聰(近畿大学医学部奈良病院整形外科・リウマチ科 教授)】
Preface
・巻頭言~ステロイド性骨粗鬆症とは~ 全文無料
宗圓 聰
Review
・ステロイド性骨粗鬆症の病因
田中良哉
・ステロイド性骨粗鬆症における骨折リスク
藤原佐枝子
・国内外のステロイド性骨粗鬆症に関するガイドラインの変遷
宗圓 聰
・わが国の新たなステロイド性骨粗鬆症の管理に関するガイドライン
鈴木康夫
Seminar
・グルココルチコイドによるIL-11を介する骨芽細胞制御とPTHの影響
遠藤逸朗
・グルココルチコイドによるBcl-2を介する骨芽細胞分化抑制と骨細胞アポトーシス誘導
森石武史・小守壽文
・骨細胞による骨融解に対するグルココルチコイドの影響
松尾光一
Topics
・ステロイド性骨粗鬆症の骨構造異常
伊東昌子
・ステロイド性骨粗鬆症のコラーゲン架橋異常
斎藤 充・丸毛啓史
・ステロイド投与例における血清可溶性RANKL測定の意義
金子開知・川合眞一
Therapy
・ステロイド性骨粗鬆症に対するビスホスホネート製剤の効果
田中郁子
・ステロイド性骨粗鬆症に対するテリパラチドの効果
山本昌弘・杉本利嗣
・ステロイド性骨粗鬆症に対する活性型ビタミンDの効果
三木隆己・岡本圭司
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「ステロイドホルモンと骨」関連)
・ステロイド性骨粗鬆症について
田中良哉
・ステロイド性骨粗鬆症における骨折リスクについて
藤原佐枝子
連 載
注目の海外文献(29)
1.閉経後骨粗鬆症におけるアレンドロネート前治療の有無とテリパラチドの皮質骨への効果
2.閉経後骨粗鬆症におけるビスホスホネート無効因子の検討
3.異なる世代における血清25OHD濃度の縦断的変動と季節変動
髙田潤一
バックナンバー 全文無料
特集予告(10月号,11月号) 全文無料



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ