トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年

2014年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2014年12月号(Vol.24 No.12)
特集 CKD-MBD(慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常)の新たな展開
■2014年11月号(Vol.24 No.11)
特集 生活習慣病と骨 UPDATE
■2014年10月号(Vol.24 No.10)
特集 サルコペニア ~医療職間連携による多角的アプローチ~
■2014年9月号(Vol.24 No.9)
特集 ステロイドホルモンと骨
■2014年8月号(Vol.24 No.8)
特集 悪性腫瘍と骨・カルシウム
■2014年7月号(Vol.24 No.7)
特集 骨・血管連関 ~最近の進歩~
■2014年6月号(Vol.24 No.6)
特集 ホルモン,サイトカインと骨
■2014年5月号(Vol.24 No.5)
特集 骨関節疾患の疫学 ~現状と課題~
■2014年4月号(Vol.24 No.4)
特集 骨と幹細胞
■2014年3月号(Vol.24 No.3)
特集 骨粗鬆症の新しい診断基準・ガイドラインをめぐって
■2014年2月号(Vol.24 No.2)
特集 バイオミネラリゼーション ~結晶学から臨床まで~
■2014年1月号(Vol.24 No.1)
特集 骨粗鬆症治療の新たな展開
2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

CLINICAL CALCIUM 2014年10月号(Vol.24 No.10) 目次

A4変型判/毎月28日発行/定価(本体2,500円+税)

特集 サルコペニア ~医療職間連携による多角的アプローチ~
【企画:荒井秀典(京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 教授)】
Preface
・巻頭言~サルコペニアとフレイル~ 全文無料
荒井秀典
Review
・サルコペニアの概念と診断基準
幸 篤武・安藤富士子・下方浩史
・運動とサルコペニア
村木重之
・サルコぺニアとロコモティブシンドローム
遠藤直人
Seminar
・運動が骨格筋の肥大とサテライト細胞に与える効果
藤巻 慎・武政 徹・桑原知子
・老化とサルコペニアの分子メカニズム
~骨格筋ニッチ構成因子SPARCによる筋分化および脂肪分化調節作用とその加齢性変化~
中村克行・山内啓太郎・西原真杉
・生活習慣病モデル動物とサルコペニア
杉本 研・楽木宏実
Topics
・サルコペニアと動脈硬化
小原克彦
・肝移植におけるサルコぺニアの意義
調 憲・播本憲史・池上 徹・吉住朋晴・伊藤心二
武石一樹・戸島剛男・木村光一・松本佳大・別城悠樹
今井大祐・山下洋市・川中博文・前原喜彦
・選択的アンドロゲン受容体モジュレーター(SARM)のサルコペニア治療への応用
柳瀬敏彦・田邉真紀人・野見山崇
・嚥下障害とサルコペニア
若林秀隆
Therapy
・サルコペニアに対する運動療法のあり方
大藏倫博
・サルコペニアに対する栄養による介入効果
西岡弘晶
・サルコペニアから考える介護予防
池添冬芽
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「サルコペニア~医療職間連携による多角的アプローチ~」関連)
・地域住民を対象としたサルコペニアのスクリーニングにおいて,最適と考えられる筋量の評価法について
幸 篤武
・サルコペニアの予防・改善に有効であると考えられている栄養素について
西岡弘晶
連 載
注目の海外文献(30)
1.骨芽細胞においてβ-カテニンの活性型変異によって生じる白血病誘発
2.小胞体ストレストランスデューサーBBF2H7/CREB3L2の内腔ドメインの分泌によって制御される軟骨細胞の増殖
3.小胞体ストレストランスデューサーOASISの欠損は,ヒトにおいて重篤な劣性骨形成不全症をきたす
西村理行
1.FRAX®スコアの変化は“Treat to Target”に使うことができるか?:一般住民のコホート調査
2.最近の1型,2型糖尿病における大腿骨近位部骨折リスク:スコットランドの全国登録研究
3.女性における骨折リスクとbody mass indexの関係のメタ解析
藤原佐枝子
バックナンバー 全文無料
特集予告(11月号,12月号) 全文無料



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ