トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年

2015年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2015年12月号(Vol.25 No.12)
特集 関節リウマチの骨・軟骨病変
■2015年11月号(Vol.25 No.11)
特集 消化器疾患と骨・カルシウム代謝
■2015年10月号(Vol.25 No.10)
特集 顕微学的アプローチによる骨の細胞機能の解明
■2015年9月号(Vol.25 No.9)
特集 「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015」をめぐって
■2015年8月号(Vol.25 No.8)
特集 運動器系の制御機構と疾患
■2015年7月号(Vol.25 No.7)
特集 骨と栄養
■2015年6月号(Vol.25 No.6)
特集 骨の生体イメージング 最前線
■2015年5月号(Vol.25 No.5)
特集 血管石灰化の基礎と臨床
■2015年4月号(Vol.25 No.4)
特集 大腿骨近位部骨折 ~疫学から治療,リエゾンサービスまで~
■2015年3月号(Vol.25 No.3)
特集 ビタミンDをめぐる最近の話題
■2015年2月号(Vol.25 No.2)
特集 認知機能とカルシウム
■2015年1月号(Vol.25 No.1)
特集 骨カルシウム研究 最近の進歩2015
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

CLINICAL CALCIUM 2015年4月号(Vol.25 No.4) 目次

 冊

A4変型判/毎月28日発行/定価(本体2,500円+税)

特集 大腿骨近位部骨折 ~疫学から治療,リエゾンサービスまで~
【企画:萩野 浩(鳥取大学医学部 保健学科教授/附属病院リハビリテーション部部長)】
Preface
・巻頭言
~大腿骨近位部骨折――予防・治療の進歩と多職種による新たな取り組み~ 全文無料
萩野 浩
Review
・大腿骨近位部骨折の発生率~世界と日本の現状~
宮坂 大・今井教雄・遠藤直人
・大腿骨近位部骨折の危険因子
藤原佐枝子
・大腿骨近位部骨折の予防が可能な薬剤は?
内山茂晴
Seminar
・大腿骨近位部骨折の予後
村木重之
・多職種連携による大腿骨近位部骨折治療
澤口 毅・重本顕史
・大腿骨近位部骨折の治療のケアギャップ解消には何が必要か
~英国の経験を日本で活かすには?~
髙橋榮明
Topics
・医療連携による大腿骨近位部骨折の二次骨折予防
~大腿骨頚部骨折地域連携パスを利用して~
松下 睦
・骨粗鬆症リエゾンサービスによる大腿骨近位部骨折の二次骨折予防の実践
池田 聡
・骨粗鬆症リエゾンサービス~わが国での現状~
鈴木敦詞・植田佐保子・垣田彩子
Therapy
・大腿骨近位部骨折の手術療法
正田悦朗
・大腿骨近位部骨折のリハビリテーション
尾﨑まり
● 理解を助けるトレーニング問題(本号特集「大腿骨近位部骨折 ~疫学から治療,リエゾンサービスまで~」関連)
・大腿骨近位部骨折の危険因子について
藤原佐枝子
・非定型大腿骨骨折について
内山茂晴
連 載
注目の海外文献(36)
1.Fam20Cによるリン酸化,GalNAc-T3による糖鎖付加,およびfurinによる蛋白分解を介するFGF23の動的制御
2.Dmp1の過剰発現はFam20C ノックアウトマウスの骨および歯牙の異常を是正できない
3.FGF23は骨の細胞において内在性にリン酸化している
道上敏美
バックナンバー 全文無料
特集予告(5月号,6月号) 全文無料



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ