トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年

2002年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2002年12月号(Vol.12 No.12)
特集 PTHの新たな展開-腎不全における意義-
■2002年11月号(Vol.12 No.11)
特集 骨塩定量法の現状と将来展望
■2002年10月号(Vol.12 No.10)
特集 透析とリンのコントロール
■2002年9月号(Vol.12 No.9)
特集 女性ホルモンと骨粗鬆症
■2002年8月号(Vol.12 No.8)
特集 血管の石灰化とカルシウム代謝
■2002年7月号(Vol.12 No.7)
特集 骨粗鬆症における併用療法
■2002年6月号(Vol.12 No.6)
特集 腎不全とビタミンD
■2002年5月号(Vol.12 No.5)
特集 接着分子とカルシウム
■2002年4月号(Vol.12 No.4)
特集 骨粗鬆症における運動療法-科学的アプローチ-
■2002年3月号(Vol.12 No.3)
特集 骨と血管の異常-遺伝子からのアプローチ-
■2002年2月号(Vol.12 No.2)
特集 再生医療-骨と軟骨-
■2002年1月号(Vol.12 No.1)
特集 変形性関節症
2001年 2000年 1999年

CLINICAL CALCIUM 2002年8月号(Vol.12 No.8) 目次

A4変型判/毎月28日発行/定価(本体2,500円+税)

特集1 血管の石灰化とカルシウム代謝

Preface
巻頭言 全文無料
西沢良記
Review
血管石灰化とその調節機構
塩井 淳
血管石灰化とリン代謝
城野修一
血管石灰化とホルモン
田中 清
血管石灰化と骨関連因子
山口 朗
Seminar
血管石灰化の動物モデルとその意義
勝又 隆
骨粗鬆症と血管石灰化
山口 徹・杉本利嗣
糖尿病と血管石灰化
奥野泰久・佐藤恭子
Topics
血清MGPの意義
城野修一・西沢良記
血清OPGの意義
岩崎香子・深川雅史
twyマウスと後縦靭帯骨化症(OPLL)
山崎正志・大河昭彦・守屋秀繁
Klothoマウスにおける異所性石灰化
鍋島陽一
Therapy
冠動脈石灰化とその治療
伊苅裕二
ビタミンKと血管石灰化
庄司繁市
ビスホスホネートと血管石灰化
田村和広・橋場弘武・向後博司・相澤純雄・重松 隆
特集2 新しい骨粗鬆症薬

 <最近承認された骨粗鬆症薬>
Alendronate Treatment for Osteoporosis:a Review of the Evidence
René Rizzoli・Lois Wehren
リセドロネート
小倉康彦・中島久夫
 <臨床試験が進んでいる骨粗鬆症薬>
PTH
清水 勝
ED-71
遠藤弘一・辻直樹
<検討中の骨粗鬆症薬>
破骨細胞形成抑制因子 OCIF/OPG
岡田史彦・津田英資
<従来のものを新たな観点で検討している骨粗鬆症薬>
閉経後骨粗鬆症におけるエストリオールの有用性
松尾博哉
併用療法
小林千益・白木正孝・高岡邦夫
連載

 症例(125)
維持透析中に高カルシウム血症を呈し,リンパ節腫脹を契機に診断されたサルコイドーシス1症例
吾妻妙子・岡田洋右・谷川隆久・小川亮介・塚田順一
爪生康平・田中良哉
 栄養素としてのカルシウム(12)
カルシウム摂取と体重-特に体脂肪量に関する検討-
越山香里
 癌とカルシウム(11)
前立腺癌の骨転移の成立機序と病態
内田克紀・赤座英之



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ