トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年

2002年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2002年12月号(Vol.12 No.12)
特集 PTHの新たな展開-腎不全における意義-
■2002年11月号(Vol.12 No.11)
特集 骨塩定量法の現状と将来展望
■2002年10月号(Vol.12 No.10)
特集 透析とリンのコントロール
■2002年9月号(Vol.12 No.9)
特集 女性ホルモンと骨粗鬆症
■2002年8月号(Vol.12 No.8)
特集 血管の石灰化とカルシウム代謝
■2002年7月号(Vol.12 No.7)
特集 骨粗鬆症における併用療法
■2002年6月号(Vol.12 No.6)
特集 腎不全とビタミンD
■2002年5月号(Vol.12 No.5)
特集 接着分子とカルシウム
■2002年4月号(Vol.12 No.4)
特集 骨粗鬆症における運動療法-科学的アプローチ-
■2002年3月号(Vol.12 No.3)
特集 骨と血管の異常-遺伝子からのアプローチ-
■2002年2月号(Vol.12 No.2)
特集 再生医療-骨と軟骨-
■2002年1月号(Vol.12 No.1)
特集 変形性関節症
2001年 2000年 1999年

CLINICAL CALCIUM 2002年6月号(Vol.12 No.6) 目次

A4変型判/毎月28日発行/定価(本体2,500円+税)

特集 腎不全とビタミンD

Preface
治療薬としてのビタミンD誘導体開発の成果と意義
横山貞明・久保寺登
Review
透析骨症と二次性副甲状腺機能亢進症
深川雅史・黒川 清
腎不全とビタミンD
Alex J. Brown・Adriana S. Dusso・Eduardo Slatopolsky・高橋文明
腎性骨異栄養症症例に対するビタミンDとその誘導体の適応
Hartmut H. Malluche・久保寺登
腎性骨症に対するビタミンD誘導体開発のこれまでの経緯と将来への課題
西井易穂
Seminar
腎性副甲状腺機能亢進症モデルにおけるビタミンDアナログの副甲状腺ホルモン抑制作用とカルシウム上昇作用の比較
遠藤弘一・深川雅史
イヌ二次性副甲状腺機能亢進症モデルに対するOCTの静脈内および経口投与による効果の検討
高橋文明・萬 啓悟・川田 雪・北村秀智・千葉暢幸
久保寺登・Eduardo Slatopolsky
OCT臨床開発の経過
山田義治・秋澤忠男・黒川 清
腎不全におけるビタミンDアナログ開発の動向
馬場隆徳
Topics
副甲状腺ホルモン(PTH)測定法の進歩と問題点
重松 隆・風間順一郎・深川雅史
骨のPTH抵抗性とosteoprotegerin
風間順一郎
ミクロオートラジオグラフィー:in vivoでのOCTの核内レセプター結合
小池信雄・Walter E Stumpf
Therapy
腎性骨異栄養症におけるビタミンDアナログ投与症例の治療成績
鈴木正司
二次性副甲状腺機能亢進症を合併した血液透析患者に対するマキサカルシトール(OCT注)長期継続投与の効果
秋澤忠男・黒川 清
特集2 T型カルシウムチャネル阻害薬

T型カルシウムチャネルとその阻害薬
遠藤政夫
T型カルシウムチャネルの構造と機能
三枝弘尚・松田嘉弘・田邊 勉
T型カルシウムチャネルと心筋細胞ペースメーカー活性
尾野恭一
T型カルシウムチャネルと神経細胞電気活動
赤池紀扶・窪田寿彦
T型カルシウムチャネルと心機能
小野克重・李 泰成・賀来俊彦
T型カルシウムチャネル阻害薬
中島敏明・岩澤邦明・平田恭信
特別寄稿
Osteoporosis in Thailand
Boonsong Ongphiphadhanakul
連載

 症例(124)
マキサカルシトールの直接的な骨のPTH抵抗性増強効果が示唆された副甲状腺摘除術適応の二次性副甲状腺機能亢進症の1例
塩田 潤・伊藤浩二・中村雄二・杉本 郁・村嵜範康
島本透子・藤原康昌・山口 隆
 栄養素としてのカルシウム(10)
骨粗鬆症におけるカルシウム摂取-特にビタミンD製剤併用の場合-
中村利孝
 癌とカルシウム(9)
癌の骨転移の微細構造
網塚憲生・関 雪絵・前田健康



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ