トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

2001年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2001年12月号(Vol.11 No.12)
特集 重症骨粗鬆症への対応
■2001年11月号(Vol.11 No.11)
特集 神経疾患とカルシウム
■2001年10月号(Vol.11 No.10)
特集 リンの代謝とその制御
■2001年9月号(Vol.11 No.9)
特集 カルシトニンによる骨粗鬆症治療
■2001年8月号(Vol.11 No.8)
特集 透析患者における無形成骨-病態と治療-
■2001年7月号(Vol.11 No.7)
特集 骨代謝マーカーの臨床応用
■2001年6月号(Vol.11 No.6)
特集 心疾患とカルシウム
■2001年5月号(Vol.11 No.5)
特集 リウマチと骨粗鬆症
■2001年4月号(Vol.11 No.4)
特集 遺伝子とカルシウム-血管と骨を制御する遺伝子とその異常-
■2001年3月号(Vol.11 No.3)
特集 歯周疾患と全身の健康
■2001年2月号(Vol.11 No.2)
特集 骨粗鬆症治療におけるカルシウムの摂取量
■2001年1月号(Vol.11 No.1)
特集 新世代ビスホスホネートによる骨粗鬆症治療
2000年 1999年

CLINICAL CALCIUM 2001年4月号(Vol.11 No.4) 目次

A4変型判/毎月28日発行/定価(本体2,500円+税)

特集1 遺伝子とカルシウム-血管と骨を制御する遺伝子とその異常-

Preface
巻頭言 全文無料
倉林正彦
Review
骨血管相関の臨床的意義
田中 清
ビタミンD作用機構の分子メカニズム
加藤茂明
骨代謝と血管新生
野田政樹・野村和弘・麻生義則・根本啓行・石島旨章
高本真弥・臼井通彦・鹿島田健一
カルシウム感受性による血管平滑筋の緊張調節
西村淳二・瀬戸口秀一・金出英夫
Seminar
カルシウム透過性チャネルと細胞増殖の制御
小島 至
心肥大とカルシウムシグナリング
浅川雅透・小室一成
血管石灰化の分子機構
城野修一
Ca2+-ATPaseの遺伝子発現調節機構
新井昌史
エストロゲン受容体とカルシウム代謝
秋下雅弘
Topics
血管の発生分化におけるカルポニンの機能-カルポニン遺伝子欠失マウスにおける骨形成の亢進-
高橋克仁・山村倫子・淡田修久
骨芽細胞の分化と転写因子Cbfa1
榎本平之・小守壽文
ホルモン補充療法と血管機能
角野博之・倉林正彦・市川秀一
Therapy
カルシウム拮抗薬の抗動脈硬化作用
平川洋次・下川宏明
骨粗鬆症治療の最近のトピックス-血管障害合併を視野に入れた治療-
塩井 淳
特集2 世界の骨粗鬆症治療薬の使われ方

総論
森井浩世
Strategies for Prevention and Treatment of Osteoporosis at the Primary,Secondary,and Tertiary Level in Leuven,Belgium
Jan Dequeker
Diagnosis and Treatment of Osteoporosis in Brazil
Sergio Ragi Eis・Antonio Carlos A. de Souza
Osteoporosis in Sweden
Olof Johnell
Osteoporosis in Argentina
Carlos A Mautalen
Osteoporosis in New Zealand
Ian Reid
連載

 症例(110)
長期間放置された特発性副甲状腺機能低下症の一例
中道 仁・岡村哲明・大星隆司・南條輝志男
 骨代謝研究の歴史(11)
生物系におけるカルシウムの役割の研究史
藤田拓男
 骨量の測定法(7)
骨粗鬆症検診における骨量測定法
富田雅俊・倉林 工・田中憲一



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ