トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年

2000年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2000年12月号(Vol.10 No.12)
特集 骨粗鬆症の各年代における介入
■2000年11月号(Vol.10 No.11)
特集 心不全とカルシウム制御薬
■2000年10月号(Vol.10 No.10)
特集 二次性骨粗鬆症-最近の話題-
■2000年9月号(Vol.10 No.9)
特集 骨粗鬆症治療におけるビタミンDの役割
■2000年8月号(Vol.10 No.8)
特集 高血圧とカルシウム
■2000年7月号(Vol.10 No.7)
特集 脊椎と骨粗鬆症
■2000年6月号(Vol.10 No.6)
特集 応力と骨粗鬆症
■2000年5月号(Vol.10 No.5)
特集 スポーツとカルシウム
■2000年4月号(Vol.10 No.4)
特集 骨粗鬆症の介護
■2000年3月号(Vol.10 No.3)
特集 カルシウムの基礎から臨床まで
■2000年2月号(Vol.10 No.2)
特集 カルシウムと動脈硬化
■2000年1月号(Vol.10 No.1)
特集 椎体骨折と力学
1999年

CLINICAL CALCIUM 2000年6月号(Vol.10 No.6) 目次

A4変型判/毎月28日発行/定価(本体2,500円+税)

特集 応力と骨粗鬆症

Preface
応力と骨粗鬆症について
鈴木弘之
Review
応力とは何か?
宮川 修
骨組織に影響を与えるmechanical usageについて- 有限要素法解析 -
竹馬 聡・鈴木弘之
Seminar
変形性脊椎症と応力-骨粗鬆症に続発する骨棘形成(OP-OA)と椎体トラス構造の発見について-
岡本純忠・桐山 健・鈴木弘之・岡本純明
骨量と骨折-DXAを中心に-
伊東昌子
骨量(pQCT)と骨折
桐山 健・岡本純明・岡本純忠・野中希一
Topics
椎体骨レーザー光造形立体モデルの作成-骨強度の測定に応用できる可能性-
岡本純明・麻山美喜雄・高田三千尋・矢野康治・日浦昭二
鈴木弘之
骨粗鬆症と骨折部位について
遠藤直人・徳永邦彦・大川 豊
pQCTを用いた骨の力学的性質の非侵襲的評価― 材料と構造 ―
野中希一
Therapy
ビタミンDと応力
東佐由美・白石綾子・内田泰弘
ビスホスホネートと応力
中村利孝
ビタミンK2と応力-骨折発生頻度抑制効果について-
飯沼典雄
Estrogen, SERMs and Postmenopausal Osteoporosis
Timothy M. Mason・Erin L. Walls・Mark Lakshmanan
連載

 症例(100)
高カルシウム血症性クリーゼで発症しPEITを試みた原発性副甲状腺機能亢進症の1例
中井美穂・田中督司・武呂誠司・花岡郁子・隠岐尚吾
 骨代謝マーカー(6)
血清中オステオカルシンの骨代謝マーカーとしての位置付け
竹澤順一
 骨代謝研究の歴史(1)
カルシウム研究の歴史
森井浩世



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ