トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

1999年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■1999年12月号(Vol.9 No.12)
特集 周産期のカルシウム代謝
■1999年11月号(Vol.9 No.11)
特集 ビスホスホネートの癌への新展開
■1999年10月号(Vol.9 No.10)
特集 消化器疾患とカルシウム
■1999年9月号(Vol.9 No.9)
特集 骨粗鬆症による骨折とその治療
■1999年8月号(Vol.9 No.8)
特集 骨粗鬆症の診断基準と治療適応
■1999年7月号(Vol.9 No.7)
特集 ビタミンKと骨
■1999年6月号(Vol.9 No.6)
特集 ビタミンDと透析骨症
■1999年5月号(Vol.9 No.5)
特集 アポトーシスとカルシウム
■1999年4月号(Vol.9 No.4)
特集 骨カルシウム研究の最近の進歩
■1999年3月号(Vol.9 No.3)
特集 顎骨における骨粗鬆症
■1999年2月号(Vol.9 No.2)
特集 血管の石灰化
■1999年1月号(Vol.9 No.1)
特集 日本人の疾病構造の特性とカルシウム拮抗薬


CLINICAL CALCIUM 1999年1月号(Vol.9 No.1) 目次

A4変型判/毎月28日発行/定価(本体2,500円+税)

特集1 日本人の疾病構造の特性とカルシウム拮抗薬

Preface
アジアレポートにみる東洋人の疾病特性とCa拮抗薬―Syst-China, NICS-EH研究―
桑島 巌
鼎談
メガトライアルにみるカルシウム拮抗薬の新しい展開
桑島 巌・猿田享男・築山久一郎
Review
日本人の循環器疾患の特性を考える循環器疾患疾病構造:国際比較
上田一雄
日本人の循環器疾患の特性を考える冠動脈疾患:日本と欧米の差異
篠山重威
日本人の循環器疾患の特性を考える日本人の脳卒中の特性:欧米との違い
藤島正敏
Seminar
 カルシウム拮抗薬と循環器疾患―その多様な作用を理解する―
メガトライアルにみる脳卒中の一次予防とカルシウム拮抗薬
山本康正
日本人の狭心症におけるカルシウム拮抗薬の特性
佐藤真司・竹下 彰
不整脈治療薬としてのカルシウム拮抗薬の特性
高柳 寛
Topics
HOT studyからは至適降圧レベルは得られず
桑島 巌
第三世代以降のカルシウム拮抗薬
上原譽志夫
Therapy
カルシウム拮抗薬は臓器を守れるか 腎合併症とカルシウム拮抗薬
木村健二郎
カルシウム拮抗薬は臓器を守れるか 虚血性心疾患とカルシウム拮抗薬
高沢謙二
カルシウム拮抗薬は臓器を守れるか 心肥大・心不全とカルシウム拮抗薬
濱田希臣
カルシウム拮抗薬は臓器を守れるか 脳血管障害の二次予防とカルシウム拮抗薬
松本昌泰・堀 正二
カルシウム拮抗薬は臓器を守れるか カルシウム拮抗薬とACE阻害薬の降圧薬としての相互比較―臨床的有用性から―
齊藤郁夫
特集2 活性型ビタミンD3製剤の適正使用指針

Review
 活性型ビタミンD3製剤の使い方
骨粗鬆症
川上英孝
慢性腎不全における二次性副甲状腺機能亢進症
田畑 勉・西沢良記
 副作用と対処法
骨粗鬆症
谷澤龍彦
慢性腎不全における二次性副甲状腺機能亢進症
塚本雄介
Seminar
 カルシトリオール
 骨粗鬆症
中塚喜義
慢性腎不全における二次性副甲状腺機能亢進症
小岩文彦・秋澤忠男
 アルファカルシドール
骨粗鬆症
萩野 浩
慢性腎不全における二次性副甲状腺機能亢進症
高江洲義滋・鈴木正司
原著
高齢透析期腎不全患者の二次性副甲状腺機能亢進症に対するcalcitriol(Ro 21-5535)注射剤の効果-非高齢者を対照とした試験-
越川昭三・尾形悦郎・黒川 清・丸茂文昭・酒井 紀
荒川正昭・森井浩世・清野佳紀・秋澤忠男・秋葉 隆
塚本雄介・鈴木正司
連載

 症例(84)
続発性副甲状腺機能亢進症を合併した17α-hydroxylase欠損症の1例
江副幸子・松永一美・曲直部仙子・新井武志・金山良男
姫野誠一・岩尾憲人
 二次性骨粗鬆症(1)
二次性骨粗鬆症
鈴木康夫
 老化とカルシウム(11)
高齢者における食塩摂取とカルシウムー高血圧における相互作用ー
森本茂人・荻原俊男



オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ