トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

1999年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■1999年12月号(Vol.6 No.12)
特集 増加の一途をたどる結膜アレルギーへの対策
■1999年11月号(Vol.6 No.11)
特集 アレルギー・免疫疾患とケモカイン
■1999年10月号(Vol.6 No.10)
特集 アトピー性皮膚炎のガイドライン
■1999年9月号(Vol.6 No.9)
特集 テオフィリンの適正使用指針
■1999年8月号(Vol.6 No.8)
特集 単純化学物質とアレルギー
■1999年7月号(Vol.6 No.7)
特集 化学物質過敏症  (Multiple Chemical Sensitivity;MCS)
■1999年6月号(Vol.6 No.6)
特集 アレルギーとサーカディアンリズム
■1999年5月号(Vol.6 No.5)
特集 呼吸器疾患とマクロライド
■1999年4月号(Vol.6 No.4)
特集 エイズの臨床
■1999年3月号(Vol.6 No.3)
気管支喘息のEarly Interventionのありかた
■1999年2月号(Vol.6 No.2)
特集 スギ花粉症の臨床
■1999年1月号(Vol.6 No.1)
特集 ステロイド薬の基礎


アレルギー・免疫 1999年総目次



アレルギー・免疫 1999年1月号(Vol.6 No.1)



●巻頭言
ステロイド療法そして神経・分泌・免疫のトライアングル 全文無料
大澤仲昭
座談会
β2刺激薬の是非とその適正使用について
宮本昭正・宮本昭正・中島重徳・飯倉洋治
第1特集 ステロイド薬の基礎

ステロイド薬の抗炎症分子作用機序
大島久二・真柴晃一
ステロイドホルモン過敏症と抵抗性
大江賢治・名和田新
各種ステロイド薬の抗炎症・抗アレルギー作用-薬剤間の比較-
平澤典保・大内和雄
ステロイド外用剤の選択と使い方
玉置邦彦
講座 神経・内分泌・免疫反応

神経・内分泌・免疫連関
堀 哲郎
神経・内分泌・免疫反応からみたストレスとアレルギー
久保千春
実験的自己免疫性脳脊髄炎と神経・内分泌・免疫反応
田平 武
アレルギーと自律神経
安保 徹
アレルギー反応の条件づけ
永田頌史
第2特集 注射用ステロイド薬の適正使用~その注意点と対策

I.注射用ステロイド薬の分類と特徴
山ノ井賢一
   II.注射用ステロイド薬の臨床適用と問題点
各種ショック(アナフィラキシー,出血性,心原性,敗血症性)とステロイド
松岡龍雄・村田厚夫・行岡哲男・松田博青・島崎修次
ISIRS(systemic inflammatory response syndrome)対策としてのステロイド
小川 龍
急性肺病変(ARDSと間質性肺炎)に対するステロイド療法
山下雅大・真栄平昇・猪熊茂子
術前術中管理とステロイド
佐藤信博・肥田圭介・斎藤和好
気管支喘息
中澤次夫
注射用ステロイド薬による突発性難聴とBell麻痺の治療
小田 恂
膠原病
村島温子・橋本博史
ネフローゼ症候群
辻祐一郎・飯倉洋治・酒井 糾
   III.注射用ステロイド薬の副作用と対策
内科の立場から
稲村弘明・黒沢元博・森岡潤一郎・小野真吾・水島 豊
小児科の立場から
勝沼俊雄・飯倉洋治
原 著
気管支喘息重積発作治療中に気胸を併発したためイソフルラン吸入麻酔療法を施行した一例
井澤雅子・岸田 勝・小石恵子・清水教一・二瓶浩一
山口之利・鈴木五男・四宮範明・青木継稔
連 載
JAPANESE Opinion(1)
ステロイドの吸入療法について
宮本昭正
医師とコメディカルのディスカッション(13)
日本一を誇る検査センター訪問 -検査技師さんのアイディアとパワー-
飯倉洋治・茆原順一・小山田一・鎌田由美子・鍬崎智映
大山洋子
私とアトピー(3)
抗アレルギー薬の出現 I
信太隆夫
Overseas Report(52)
McMaster University
宇野正志



アレルギー・免疫 1999年2月号(Vol.6 No.2)



●巻頭言
スギ花粉症 -21世紀を間近にして- 全文無料
斎藤洋三
特集 スギ花粉症の臨床

花粉アレルギーとしてのスギ花粉症の症状
信太隆夫
スギと鼻症状
増山敬祐・鮫島靖浩・五十川修司・緒方憲久・浅井栄敏
荻浩ニ郎
スギと眼症状
内尾英一・大野重昭
スギと呼吸器症状
前田裕二
スギと皮膚症状
横関博雄
スギアレルギーの遺伝とHLA
松下 祥
講座 スギ抗原とT細胞

スギ純化抗原(Cry j1,Cry j2)とT細胞反応
曽根敏雄
スギ抗原アナログペプチドとT細胞反応
五十川修司
プルラン結合スギ抗原とT細胞反応
大久保公裕・RubyPawankar・奥田 稔
スギ抗原ペプチドによる免疫療法の展望
紀 光助
学会レポート
「アレルギー性鼻・副鼻腔炎をめぐって」
川内秀之・片岡真吾・出島健司・大橋淑宏
原 著
気管支喘息患者におけるプランルカストとセラトロダスト併用療法の効果
橘 秀樹・橘 彩路・上野敏男・藤村政樹・松田 保
モルモットのアレルギー性鼻炎モデルにおける鼻閉症状に対する抗アレルギー薬の作用
貝瀬俊彦・林 賢一・川崎博和・赤松幸乃・三宅貴代美
大森健守
連 載
JAPANESE Opinion(2)
吸収ステロイド薬及び吸入ステロイド療法
飯倉洋治
医師とコメディカルのディスカッション(14)
コメディカルとの対話 素晴らしい吸入指導ティーム -昭和大学第一内科外来-
飯倉洋治・国分二三男・松本百合子・服部夕子
私とアトピー(4)
抗アレルギー薬の出現 II ~その理解
信太隆夫
Case Report(54)
カルシウム拮抗剤とβ-ブロッカーによる薬疹の1例
相原道子・千葉由幸・岡島光也・池澤善郎



アレルギー・免疫 1999年3月号(Vol.6 No.3)



●巻頭言
アトピー性皮膚炎における食物療法 全文無料
古庄巻史
座談会
気管支喘息に対する気管支拡張薬の使い方
飯倉洋治・田村 弦・秋山一男・海老澤元宏・豊島協一郎
特集 気管支喘息のEarly Interventionのありかた

[総論] Early Interventionについて
真野健次
小児アレルギー疾患予防と喘息発症予防
勝沼俊雄・飯倉洋治
小児気管支喘息に対する抗炎症薬によるEarly Intervention
井上寿茂
ダニ対策から見た小児気管支喘息のEarly Intervention
西岡謙二
気道粘膜生検からの検討
佐野靖之
Early Interventionにおける早期診断と初期治療のありかた
大河原雄一・田村 弦
吸入ステロイド薬導入による気道の抗炎症作用とリモデリングに及ぼす影響
星野 誠
吸入ステロイド薬の臨床効果(Early Intervention)
今井俊道・足立 満
連 載
JAPANESE Opinion(3)
吸入ステロイド薬療法普及への期待
泉 孝英
免疫学研究の新しい動き(1)
T細胞レセプターのレパートリー形成
八木淳二
医師とコメディカルのディスカッション(15)
コメディカルとの対話 国立小児医療研究センター免疫・アレルギー研究部を訪ねて -研究は患者さんのために-
飯倉洋治・斎藤博久・長谷川和秀・冨田久志・結城啓介
私とアトピー(5)
喘息状態の評点化を意図して
信太隆夫
Overseas Report(53)
Creighton University Allergic Disease Center
木村五郎
Case Report(55)
Drug combinationによる薬疹についての一例
小鍛治知子・塩原哲夫



アレルギー・免疫 1999年4月号(Vol.6 No.4)



●巻頭言
業(ごう),業(ぎょう),環境,運命とアレルギー 全文無料
鈴木修二
特集 エイズの臨床

抗HIV療法
菊池 嘉
エイズの呼吸器病変
後藤 元
エイズの消化器病変
山本政弘
エイズの神経病変
中村哲也
エイズの皮膚病変
赤城久美子
エイズの眼病変
永田洋一
講座 ウイルスと免疫不全

HIVのコレセプター
塩田達雄
HIVによる免疫抑制の機序
小柳津直樹
その他のウイルスによる免疫抑制の機序
岩田 力
免疫不全状態におけるウイルス感染症
土屋 滋
HIVによるCD4のdownregulationの機序
藤多和信
原 著
トロンボキサンA2受容体拮抗剤投与にてピークフロー値の著明な改善を認めた咳嗽を主症状とした気管支喘息の1例
水谷 宏・久米裕昭・山木健市
連 載
JAPANESE Opinion(4)
作用機序からみた吸入ステロイド薬の有用性 (当教室の研究成績を中心に)
東田有智
免疫学研究の新しい動き(2)
ヒトT細胞の胸腺内および胸腺後の発達(CD4+シングルポジティブT細胞について)
今西健一
医師とコメディカルのディスカッション(16)
喘息の上手なコントロールのかげにナースあり-神戸市立中央市民病院呼吸器内科外来を訪ねて-
飯倉洋治・石原享介・加嶋真澄・山東亜希子
私とアトピー(6)
環境アレルゲンの推移を追って
信太隆夫



アレルギー・免疫 1999年5月号(Vol.6 No.5)



●巻頭言
屋内汚染 全文無料
滝沢敬夫
特集 呼吸器疾患とマクロライド

総論:マクロライドの新作用と構造活性相関
吾妻安良太・工藤翔二
肺炎治療におけるマクロライドの位置付け
古賀丈晴・大泉耕太郎
気管支喘息の治療におけるマクロライド
工藤宏一郎
非結核性(非定型)抗酸菌症の治療におけるマクロライド
永井英明
慢性気道感染症の治療におけるマクロライドの役割
杉山幸比古
小児呼吸器疾患とマクロライド
進藤奈邦子・岡部信彦
慢性副鼻腔炎におけるマクロライド療法
洲崎春海
講座 アレルギー疾患と抗生物質

アレルギーと感染症
山崎 勉・上原すゞ子
アレルギー疾患と抗生物質
高藤 繁
小児気管支喘息と抗生物質
倉繁隆信・森澤 豊・松本健治
アトピー性皮膚炎と抗生物質
多田讓治・戸井洋一郎・秋山尚範・荒田次郎
アトピー性皮膚炎と抗真菌剤
池澤善郎・大砂博之・北村和子
原 著
回虫の特異的IgE抗体価の経時的変化
橋本加代子・松岡 治・乃村昌臣
連 載
JAPANESE Opinion(5)
吸入ステロイド薬と喘息死
石原享介
免疫学研究の新しい動き(3)
γδ型T細胞と免疫調節
田中義正
医師とコメディカルのディスカッション(17)
まさにチーム医療で頑張る小児科でのアレルギー
飯倉洋治・足立 武・漆島正子・山ケ城恵子・今成順子
林 順子
私とアトピー(7)
環境アレルゲンの推移を追って(II) アレルゲンによる感作
信太隆夫
Overseas Report(54)
North Shore University Hospital,NYU School of Medicine
伊藤健司
Case Report(56)
Amoxapine(アモキサン®)による多形紅斑型薬疹の一例
近藤眞史・玉置昭治



アレルギー・免疫 1999年6月号(Vol.6 No.6)



●巻頭言
アトピー遺伝子の研究に思う 全文無料
伊藤幸治
特集 アレルギーとサーカディアンリズム

総論:アレルギー疾患とサーカディアンリズム
矢永尚士
気管支喘息とサーカディアンリズム
鰤岡直人
アレルギー性鼻炎とサーカディアンリズム
内藤健晴
アトピー性皮膚炎とサーカディアンリズム
上原正巳
小児喘息とサーディアンリズム
近藤信哉
人のサーカディアンリズム
本間さと
講座 アレルギーの炎症細胞とサーカディアンリズム

白血球のサーカディアンリズム
安保 徹
好酸球
大森 淳・名和行文
好塩基球とホルモン・サイトカイン
斎藤博久
肥満細胞(マスト細胞)
阿部達也
サイトカイン
富山勝博・河井一浩
アトピーの動物モデル
渡辺直煕
原 著
ドライパウダー吸入と加圧定量噴霧吸入の患者使用感に関する検討
藤村直樹・鎌刈邦彦・大島和也・長谷井仁美・田口佳美
井本元治
連 載
JAPANESE Opinion(6)
吸入療法におけるディバイスの重要性
藤村直樹
免疫学研究の新しい動き(4)
T細胞亜集団,Th1とTh2,とその分化
成内秀雄
医師とコメディカルのディスカッション(18)
重症喘息児を社会復帰させる国立東埼玉病院小児科チーム
飯倉洋治・杉本日出雄・泉川イツ子・天野智子・千葉 文
私とアトピー(8)
環境アレルゲンの推移を追って(III),アレルゲンによる感作(続)
信太隆夫



アレルギー・免疫 1999年7月号(Vol.6 No.7)



●巻頭言
アトピー有用論 全文無料
信太隆夫
特集 化学物質過敏症(Multiple Chemical Sensitivity;MCS)

化学物質過敏症 -はじめに-
西岡 清
化学物質過敏症-歴史,定義,患者数他-
宮田幹夫・大野晃司
アレルギー反応感受性-アトピー遺伝子-
森本兼曩
化学物質過敏症の病態,症状,シックハウス症候群など(ホルムアルデヒドを中心に)
鳥居新平
化学物質過敏症 -診断基準・診断に必要な検査法-
石川 哲・宮田幹夫
環境化学物質測定法
松村年郎・濱田実香
化学物質過敏症-公衆衛生の立場から-
内山巌雄・村山留美子
健康住宅
坊垣和明
化学物質過敏症―行政の取組みについて―
阿部重一
化学物質過敏症の対策と治療
市辺義章
原 著
臨床的に咳型喘息と考えられる慢性咳嗽症例に対するセラトロダストの効果
木内英則
連 載
JAPANESE Opinion(7)
ステロイドの早期導入治療
放生雅章・工藤宏一郎
免疫学研究の新しい動き(5)
先天性免疫不全症と遺伝子異常
野々山恵章
医師とコメディカルのディスカッション(19)
オッチャン先生を支えるナース
飯倉洋治・石見徹夫・田中茂子
私とアトピー(9)
内因性アレルゲン
信太隆夫



アレルギー・免疫 1999年8月号(Vol.6 No.8)



●巻頭言
少子化について想う 全文無料
松本脩三
特集 単純化学物質とアレルギー

総論:化学物質による環境汚染
酒井亮二・荒記俊一
単純化学物質の免疫学
相場節也
   医薬品とアレルギー
1)外用医薬品
山木健市・早川哲夫
2)内服,注射薬によるアレルギー
東 禹彦
   食品添加物とアレルギー
1)皮膚アレルギー
亀好良一・山田 悟・山本昇壯
2)喘息
中澤次夫
ゴム
鹿庭正昭
ラテックス過敏症
赤澤 晃
染毛剤,化粧品
横関博雄
学会レポート
成人型アトピー性皮膚炎における難治性顔面紅斑の病態と治療
第98回日本皮膚科学会総会イブニングセミナーより
宮地良樹・杉浦久嗣・古江増隆・片山一朗
連 載
JAPANESE Opinion(8)
基底膜の肥厚と吸入ステロイド薬
福田 健
免疫学研究の新しい動き(6)
リンパ球の体内動態とケモカイン
義 江修
医師とコメディカルのディスカッション(20)
医師と栄養士の二人三脚-国立療養所東高知病院の食物アレルギー指導-
飯倉洋治・小倉由紀子・和田博子
私とアトピー (10)
いわゆる組織療法に執着して
信太隆夫



アレルギー・免疫 1999年9月号(Vol.6 No.9)



●巻頭言
喘息患者のQOLとテオフィリン 全文無料
可部順三郎
特集 テオフィリンの適正使用指針

総論
牧野荘平
テオフィリン製剤の抗炎症作用
大田 健
徐放製剤の吸収
藤井浩一
乳幼児・小児のテオフィリン使用
岩崎栄作
成人のテオフィリン使用
岡田千春・高橋 清
テオフィリンの副作用統計
北林 耐・小田嶋安平・飯倉洋治
喘息ガイドラインにおけるテオフィリンの位置付け
遠藤 繁・鈴木 一
テオフィリン痙攣
横山浩之
講座 テオフィリン投与の注意点

テオフィリンの中毒の処置,副作用対策
大友 守・佐野靖之
テオフィリンの服薬指導-保険薬局の役割と今後の課題- アンケートの結果から
井手口直子
原 著
ハイペン®(Etodolac)の内服が可能であったアスピリン不耐症(喘息)の1例
大砂博之・山川 泰・栗山 仁・高橋さなみ・大沼すみ
三田晴久・秋山一男・池澤善郎
連 載
JAPANESE Opinion(9)
抗アレルギー薬と吸入ステロイド薬-併用療法の可能性
藤村政樹
免疫学研究の新しい動き(7)
T細胞活性化とβ1インテグリン
小林 弘・岩田哲史・東京大学医科学研究所ウイルス疾患診療部
医師とコメディカルのディスカッション(21)
コメディカルとの対話素晴らしい気遣い-昭和大学小児科外来ナース-
飯倉洋治・吉村久子・成井美奈子・渡辺 恵・福士美幸
私とアトピー(11)
職業アレルギーの教訓
信太隆夫



アレルギー・免疫 1999年10月号(Vol.6 No.10)



●巻頭言
アレルギー疾患の治療 全文無料
三河春樹
特集 アトピー性皮膚炎のガイドライン

アトピー性疾患と遺伝 -アトピー性皮膚炎と他のアトピー性疾患の遺伝学的相関-
飯塚万利子・小澤 明
アトピー性皮膚炎の臨床像と診断
川口博史・池澤善郎
アトピー性皮膚炎の炎症機構
古江増隆
アトピー性皮膚炎の生理・解剖学的異常
今山修平
アトピー性皮膚炎の動物モデル
塩原哲夫
アトピー性皮膚炎の原因・増悪因子の多様性 特に環境因子について
田中洋一
アトピー性皮膚炎と食物アレルギー 乳幼児と成人の違い
眞弓光文
アトピー性皮膚炎と感染
古川福実
アトピー性皮膚炎とストレス
秀 道広・高路 修・山本昇壯
アトピー性皮膚炎のスキンケア
横関博雄
アトピー性皮膚炎の薬物療法
玉置邦彦
アトピー性皮膚炎の合併症
溝口昌子
座談会
咳をどうとらえるか?-呼吸器疾患の重要なサイン-
中島重徳・上川雄一郎・東田有智・平田一人・松永和人
原 著
小児アレルギー疾患におけるMalassezia furfurに対する特異IgE抗体の検討
岸田 勝・松本廣伸・鈴木五男・小渋達郎・井澤雅子
中野富美子・樺山浩彦・須田友子・中園宏紀・中園宏紀
青木継稔*3)東邦大学医学部大橋病院小児科
連 載
免疫学研究の新しい動き(8)
スーパー抗原という概念 疾患発症機序解析の戦略
内山竹彦
医師とコメディカルのディスカッション(22)
栄養士さんの工夫と情熱
永村和敏・飯倉洋治
私とアトピー(12)・最終回
おわりに
信太隆夫
JAPANESE OPINION(10)
吸入ステロイド薬の長期投与の安全性
大田 健



アレルギー・免疫 1999年11月号(Vol.6 No.11)



●巻頭言
経口免疫に思う 全文無料
熊谷 朗
特集 アレルギー・免疫疾患とケモカイン

総論
永井博弌
ケモカイン研究の最近の進歩
渋谷英樹・松島綱治
リンパ球,樹状細胞とケモカイン
義 江修
好酸球とケモカイン
茆原順一
肥満細胞・好塩基球とケモカイン
木股正博・永井博弌
CCケモカインの制御
佐伯敏彦・野口和志
CXCケモカインの制御
倉島一喜・藤村政樹
耳鼻咽喉科疾患とケモカイン
寺田修久・浜野ナナ子・小林紀子・野村知弘・法 貴元
沼田 勉・今野昭義
皮膚科疾患とケモカイン
片山一朗
炎症性疾患とケモカイン
赤星 透・松井俊通
呼吸器疾患とケモカイン
大石和徳
治 験
肥厚性瘢痕・ケロイドおよび植皮後の掻痒感に対する「エバスチン」の有用性に関する検討
矢永博子・田井良明・清川兼輔・井上要二郎
連 載
免疫学研究の新しい動き(9)
熱ショック蛋白質と免疫活性化
平井 到・岸 明彦・鳥越俊彦・佐藤昇志
医師とコメディカルのディスカッション(23)
調剤薬局の苦労と面白味-患者への気遣い,医師への気遣い-
飯倉洋治・井手口直子・原田智子
Case Report(57)
環境調整およびskin careにより劇的な改善を認めたアトピー性皮膚炎の一例
加藤一郎・清水昭宏・高田 大・勝沼俊雄・赤澤 晃
飯倉洋治



アレルギー・免疫 1999年12月号(Vol.6 No.12)



●巻頭言
抗アレルギー薬は効果がないか 全文無料
奥田 稔
特集 増加の一途をたどる結膜アレルギーへの対策

総論
松浦範子・大野重昭
治療薬の最前線と問題点―ステロイド薬,免疫抑制薬
石崎道治
治療薬の最前線と問題点-抗アレルギー点眼薬,初期療法
高村悦子
ドライアイと結膜アレルギー
藤島 浩
アトピー性皮膚炎と重症結膜アレルギー
内尾英一
アレルギーによる眼表面の異常
岡本茂樹
講座 結膜アレルギーへの対策~基礎面を中心に~

結膜アレルギーにおけるマスト細胞と好酸球の役割
海老原伸行
結膜アレルギーにおけるケモカイン産生
深川和巳
CALTと結膜アレルギー
庄司 純・稲田紀子・齋藤圭子
結膜アレルギーにおける角膜障害
熊谷直樹
結膜アレルギーの実験モデルと臨床
福島敦樹・尾崎暁美
座談会
気管支喘息治療の実際
宮城征四郎・嘉数朝一・当銘正彦・大滝美浩・狩俣陽一
連 載
JAPANESE Opinion(11)
吸入ステロイドの初回処方量 ステップアップ,ステップダウン方式を考える
足立 満
JAPANESE Opinion(12)
閉経前後のBDP吸入気管支喘息患者における骨塩量の検討
藤田きみゑ・宮武明彦
免疫学研究の新しい動き(10)・最終回
エンドトキシン研究の新しい展開 LPSの認識機構
横地高志
医師とコメディカルのディスカッション(24)
看護婦さんが雰囲気を作る -楽しく,明るい診療所
飯倉洋治・笹本明義・花田由佳・川 陽子
Case Report(58)
スキンケアと外用薬の併用により短期間で治癒したアトピー性皮膚炎の一例
田中啓貴・辻 貴子・堀部有三・梅本岳宏・小松大介
高田恵美子・森田孝次・水野裕美子・飯倉洋治


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ