トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

2001年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2001年12月号(Vol.8 No.12)
特集 アレルギー疾患とウイルス感染
■2001年11月号(Vol.8 No.11)
特集 アトピー性皮膚炎2001 適正医療の普及と不適切治療の排除をめざして
■2001年10月号(Vol.8 No.10)
特集 21世紀におけるゲノム戦略
■2001年9月号(Vol.8 No.9)
特集 シェーグレン症候群
■2001年8月号(Vol.8 No.8)
特集 Oral allergy syndrome
■2001年7月号(Vol.8 No.7)
特集 アレルギーと抗アレルギー薬
■2001年6月号(Vol.8 No.6)
特集 アトピー性皮膚炎難治症例に対する対策
■2001年5月号(Vol.8 No.5)
特集 好塩基球とアレルギー
■2001年4月号(Vol.8 No.4)
特集 紫外線とアレルギー・免疫
■2001年3月号(Vol.8 No.3)
特集 感染とアレルギー 呼吸器
■2001年2月号(Vol.8 No.2)
特集・春における気道アレルギー対策 -スギ花粉症に向けて
■2001年1月号(Vol.8 No.1)
特集 即時型食物アレルギーの実際と対策
2000年 1999年

アレルギー・免疫 2001年総目次



アレルギー・免疫 2001年1月号(Vol.8 No.1)



●巻頭言
注目され始めた好酸球性中耳炎 全文無料
高坂知節
特集 即時型食物アレルギーの実際と対策

総論:即時型アレルギーの背景
斎藤博久
即時型食物アレルギーの疫学
今井孝成・三浦文宏・齋藤多賀子・小田嶋安平・飯倉洋治
即時型食物アレルギーの臨床
柴田瑠美子
即時型食物アレルギーの診断
海老澤元宏・田代 実・田知本寛
即時型食物アレルギーの治療
森川昭廣
即時型食物アレルギーの遺伝背景
近藤直実
講座

即時型食物アレルギーの予知について
下条直樹
即時型食物アレルギーのアレルゲン構造とIgE抗体
宇理須厚雄
食物依存性運動誘発性アナフィラキシー
原田 晋・市橋正光
腸内細菌によるTh1/Th2バランスの制御
須藤信行
座談会
21世紀の食物とアレルギー対策
飯倉洋治・池澤善郎・河野陽一・海老澤元宏
原 著
ロキシスロマイシンのTh1/Th2バランス調節作用
浅野和仁
アトピー性皮膚炎患者における特異的IgE抗体の陽性率
松本京子・金子 聡・向井秀樹
連 載
エリア研究会レポート(5)
第2回 上皮細胞研究会
棟方 充
気道粘膜研究(4)
鼻科学における研究材料
坂倉康夫・清水猛史
Overseas Report(58)
ケルン大学病院・皮膚科
山本俊幸
皮膚疾患の診断と治療(10)
接触皮膚炎
片岡葉子



アレルギー・免疫 2001年2月号(Vol.8 No.2)



●巻頭言
21世紀を迎えて 全文無料
井上洋西
特集 春における気道アレルギー対策 -スギ花粉症に向けて

総論 花粉症の病態と治療法
斎藤洋三
スギ花粉症患者の動向
本田 靖
花粉症の臨床像
沼田 勉・今野昭義・大川 徹・寺田修久・永田博史
花粉飛散予測
村山貢司
花粉飛散前の対策
竹中 洋
花粉飛散時期の対策
岸川禮子・宗 信夫・家守千鶴子・児塔栄子・西間三馨
石川 哮
   春の花粉症治療の現状
a.薬物療法 
岩瀬朗子・馬場廣太郎
b.免疫療法の現状
今井 透・小澤 仁
春の花粉症治療の将来-特に免疫療法について
斎藤三郎
スギ花粉飛散と各種アレルギー症状への影響
飯倉洋治・中川真紀子・今井孝成
第50回アレルギー学会総会
連 載
エリア研究会レポート(6)
第3回 大阪喘息病態研究会
ミンキョンヨビ・PeterSterk
気道粘膜研究(5)
気道粘液
坂倉康夫
皮膚疾患の診断と治療(11)
伝染性軟属腫
松永 剛



アレルギー・免疫 2001年3月号(Vol.8 No.3)



●巻頭言
アレルギー疾患の予知と予防 予防に勝る治療なし 全文無料
佐々木聖
特集 感染とアレルギー 呼吸器

総論:呼吸器感染と気道炎症
石田一雄・嶋田甚五郎
気管支喘息とウイルス感染
矢野敬文・柏木征三郎
呼吸器感染症と喘息
松瀬厚人・下田 文・河野 茂
結核とアレルギー性疾患
鈴木直仁
小児のウイルス感染は喘息発症にどう影響するか
高村まゆみ・小田島安平・飯倉洋治
小児気管支喘息と副鼻腔炎
勝沼俊雄・渡辺博子
上気道における感染とアレルギー
増山敬祐
特集 感染とアレルギー 皮膚アレルギー

アトピー性皮膚炎と細菌感染
多田讓治
アトピー性皮膚炎とウイルス感染
安元慎一郎
アトピー性皮膚炎難治化要因としての潜在性感染
西岡 清
ウイルス感染によるアトピー性皮膚炎の改善
堀内保宏
Hypersensitivity syndrome
藤山幹子・橋本公二
連 載
エリア研究会レポート(7)
喘息アレルギーワークショップ Manel Jordana氏特別講演会
大田 健
気道粘膜研究(6)
気道粘液 2
間島雄一
Overseas Report(59)
Göteborg University Institute of Internal Medicine
宮本正秀
皮膚疾患の診断と治療(12)
虫刺症
丸山隆児



アレルギー・免疫 2001年4月号(Vol.8 No.4)



●巻頭言
β刺激薬と日本人 全文無料
眞野健次
特集 紫外線とアレルギー・免疫

総論: 皮膚の紫外線傷害
堀尾 武
薬剤性光アレルギー
松尾聿朗
日光蕁麻疹
堀尾 武・上津直子・橋本洋子
Chronic actinic dermatitis
松下哲也・KamideRyoichi
色素性乾皮症 -DNA傷害と免疫-
錦織千佳子
サンスクリーン
野中薫雄
光線療法
段野貴一郎
講座

紫外線による免疫抑制
岡本祐之
紫外線とサイトカイン
近藤靖児
紫外線発癌
市橋正光
光線過敏の動物モデル
橋本洋子
SLEと光線過敏症
古川福実・吉益隆・廣井彰久
連 載
気道粘膜研究(7)
粘液繊毛輸送機能
坂倉康夫
学会印象記(4)
第30回 日本免疫学会印象記
中島裕史



アレルギー・免疫 2001年5月号(Vol.8 No.5)



●巻頭言
アレルギー学の中の気管支喘息 全文無料
山木戸道郎
特集 好塩基球とアレルギー

はじめに: 好塩基球とアレルギー疾患
森田 寛
気管支喘息と好塩基球
飯倉元保
皮膚アレルギーと好塩基球
片山一朗
アレルギー診療におけるヒスタミン遊離試験の有用性
積 玲子・石田 明・中川武正
好塩基球と遅発型反応
山口正雄
講座

好塩基球とメディエーター遊離 -活性化機構について-
三浦克志・伊藤良子・飯倉洋治
好塩基球とサイトカイン・ケモカイン -産生と活性化-
谷本 安・藤井 誠
好塩基球とアポトーシス
吉村千登世・平井浩一
好塩基球と好酸球 -相違と類似点-
正田久和・永田 真
原 著
吸入ステロイド減量時のトシル酸スプラタスト(IPD®)併用効果の検討
螺良英郎
小児アトピー性皮膚炎患者に対する精製ツバキ油の有用性試験
飯倉洋治・松本 勉・チョナ・カプロング・網戸公美
連 載
気道粘膜研究(8)
アメリカ アメリカ
坂倉康夫



アレルギー・免疫 2001年06月号(Vol.8 No.6)



●巻頭言
アレルギー性結膜疾患 全文無料
大野重昭
特集 アトピー性皮膚炎難治症例に対する対策

アトピー性皮膚炎難治化の要因
西岡 清
石鹸洗剤
高山かおる・西岡 清
外用薬
湊原一哉・西岡 清
白色ワセリン・保湿剤,その他の接触原
杉浦久嗣・尾本光祥
生活習慣
塩原哲夫
民間療法
竹原和彦
潜在性感染症
横関博雄
腸管微生物の関与とその対策
池澤善郎・北村和子
嗜癖的掻破行動
小林美咲
心理的要因
細谷律子
原 著
褥瘡症例に対するLipo PGE1製剤の点滴投与による使用経験
太宰聖志・高橋国宏・奈良崎保男
連 載
エリア研究会レポート(8)
京都府医師会学術講演会 ―喘息治療と抗アレルギー薬―
大田 健・泉 孝英・浅本 仁・新実彰男・原田英彦
安田雄司・植地泰之
気道粘膜研究(9)
海洋無脊椎動物に存在する粘液繊毛細胞の高度な免疫能
鵜飼幸太郎



アレルギー・免疫 2001年7月号(Vol.8 No.7)



●巻頭言
スギ花粉アレルギーの特異点 全文無料
村中正治
特集 アレルギーと抗アレルギー薬

抗アレルギー薬-彰往考來-
冨岡玖夫
抗アレルギー薬とは?
岡田千春・高橋 清
鼻アレルギーと抗アレルギー薬
荻野 敏
アレルギー性皮膚疾患と抗アレルギー薬
秀 道広・山本昇壯
特異的ロイコトリエン受容体拮抗薬
田中章子・田村 弦
講座

IgE免疫応答を標的としたアレルギー性疾患制御の方策
柳原行義
アレルギー機序の解明の進歩とアレルギー疾患制御の展望
羅 智靖
SRS-Aからロイコトリエンへ-その歴史的背景と抗ロイコトリエン薬 
河野茂勝・奈邉 健
抗アレルギー薬開発の薬理学的展開
永井博弌
座談会
抗アレルギー薬開発秘話
宮本昭正・冨岡玖夫・江田昭英・信太隆夫
連 載
気道粘膜研究(10)
デンマーク
坂倉康夫



アレルギー・免疫 2001年8月号(Vol.8 No.8)



●巻頭言
アレルギー・免疫研究の在り方 全文無料
廣瀬俊一
特集 Oral allergy syndrome

総論
池澤善郎
北海道地区における花粉症とoral allergy syndrome
朝倉光司・山本哲夫
関東地区における花粉症とoral allergy syndrome
松崎全成・岡本美孝
関西地区における花粉症とoral allergy syndrome オオバヤシャブシ花粉症に合併するリンゴ果実過敏症
吉村史郎
スギ花粉症とトマトのoral allergy syndrome
近藤康人・徳田玲子・宇理須厚雄
皮膚科におけるoral allergy syndrome
堀川達弥・尾藤利憲・福永 淳・市橋正光・足立厚子
原田 晋
小児科におけるoral allergy syndrome
河原秀俊・赤澤 晃
シラカバ花粉症とoral allergy syndromeにおけるHLAクラスII抗原
安達俊秀・植原元晴
Latex-fruits syndrome
大砂博之・河野真純・池澤善郎
果物,野菜,穀物アレルゲンと植物防御タンパク質
小川 正
果物・野菜・穀物アレルゲンとcrossreacting carbohydrate determinantes
大砂博之・池澤善郎
原 著
トシル酸スプラタスト(Suplatast Tosilate:IPD®)が有用であったハムスター喘息の1例
堀口高彦・立川壮一・近藤りえ子・伊藤友博・福本浩二
連 載
気道粘膜研究(11)
インフォームド・コンセント
坂倉康夫



アレルギー・免疫 2001年9月号(Vol.8 No.9)



●巻頭言
スギ花粉症雑感 全文無料
馬場廣太郎
特集 シェーグレン症候群

シェーグレン症候群診療 ー最近の進歩ー
片山一朗
シェーグレン症候群の病型分類と疫学
江口勝美
シェーグレン症候群の診断の進め方
藤林孝司
シェーグレン症候群と免疫異常
住田孝之
シェーグレン症候群と動物モデル
林 良夫
シェーグレン症候群とリンパ増殖性疾患
菅井 進
シェーグレン症候群と腎疾患
狩野俊和・三森明夫
シェーグレン症候群と呼吸器・心病変
花岡亮輔・猪熊茂子
シェーグレン症候群と消化器病変
清水昌人・佐川 昭・谷村一秀・篠原正英・北野明美
三上通英
シェーグレン症候群と神経・内分泌疾患
種市幸二
シェーグレン症候群と皮膚症状
濱崎洋一郎・武石恵美子・室田浩之・片山一朗
小児のシェーグレン症候群
立澤 宰
連 載
気道粘膜研究(12)
電子カルテ
田中 公・坂倉康夫
学会印象記(5)
第102回 日本耳鼻咽喉科学会印象記
中島 格



アレルギー・免疫 2001年10月号(Vol.8 No.10)



●巻頭言
アトピーの病因遺伝子解明とポストゲノム 全文無料
近藤直実
特集 21世紀におけるゲノム戦略

21世紀に向けたアレルギーのゲノム科学の展開
白川太郎
SNPを用いた遺伝子解析の実際と展望
坂上拓郎・井ノ上逸I朗
マイクロアレイ法による発現プロファイルを用いた病因遺伝子解析の展望
楊 星・毛 暁全・CNAdra・大津暁子・白川太郎
SNP検出法開発の現状と今後の展望
松田 彰
プロテオミクスの現状と今後の展望
松尾 洋・古谷利夫・白川太郎
アレルギー疾患モデル動物を用いたゲノム解析
玉利真由美・長谷川耕一・白川太郎
アレルギー疾患におけるゲノムの解析の現状と今後の展望
野口恵美子・有波忠雄
講座 21世紀におけるゲノム戦略
アレルギー性疾患におけるPharmacogenetics
棟方 充
マイクロアレイ法を用いた気管支喘息関連遺伝子検索の試み
出原賢治
アレルギー疾患における構造プロテオミクス応用と今後の展望
近藤直実・加藤善一郎・伊上良輔・金子英雄・寺本貴英
折居建治・松井永子・坂口平馬・渡辺みづほ・森本 航
鈴木清高・青木美奈子・田中洋子・大西秀典・李 愛蓮
吉田任子
アレルギー疾患におけるSNPを用いた関連研究の現状と今後の展望
竹内勝之・松田彰・榎本雅夫・嶽良夫・季正文
毛暁全・JMHopkin・大津暁子・白川太郎
連 載
気道粘膜研究(13)
慢性副鼻腔炎
坂倉康夫
皮膚疾患の診断と治療(13)
体部白癬
加藤卓朗



アレルギー・免疫 2001年11月号(Vol.8 No.11)



●巻頭言
中耳の粘膜免疫 全文無料
茂木五郎
特集 アトピー性皮膚炎2001 適正医療の普及と不適切治療の排除をめざして

アトピー性皮膚炎治療ガイドライン
古川福実
実地診療におけるステロイド外用薬の長期投与と副作用
古江増隆・力久 航・寺尾 浩・古賀哲也・絹川直子
野瀬善明
アトピー性皮膚炎新規治療薬 -タクロリムス軟膏および今後期待される治療薬-
大槻マミ太郎
ステロイド外用薬の混合をめぐって
江藤隆史
アトピー性皮膚炎治療における抗アレルギー薬の役割-その位置付けと限界-
窪田泰夫
アトピー性皮膚炎医療混乱に対する日本皮膚科学会の対策-不適切治療調査・ガイドライン作成・患者相談システム-
竹原和彦
アトピービジネス被害の実態とアトピービジネス訴訟
蕪城裕子・竹原和彦
脱ステロイド療法をどう評価するか
五十嵐敦之
アトピー性皮膚炎における抗菌療法の功罪
多田讓治
症例報告
非医療機関での食事療法中に栄養失調となり,入院中DICを併発し死亡した乳児アトピー性皮膚炎の一例
大澤正彦・鬼頭正夫・加藤幸子
座談会
日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎治療ガイドライン1年を振り返って
大城戸宗男・竹原和彦・江藤隆史・五十嵐敦之
連 載
気道粘膜研究(14)
鼻アレルギー
坂倉康夫
皮膚疾患の診断と治療(14)
皮膚カンジダ症
渡辺京子



アレルギー・免疫 2001年12月号(Vol.8 No.12)



●巻頭言
最近のアトピー性皮膚炎事情 全文無料
山本昇壯
特集 アレルギー疾患とウイルス感染

総説:アレルギー疾患とウイルス感染
松倉 聡・足立 満
成人気管支喘息とウイルス感染
岡田信司・城田英和・田村 弦
小児気管支喘息とウイルス疾患
椿 俊和・永山洋子・飯倉洋治
上気道ウイルス感染とアレルギー
山中 昇・斉藤匡人
ウイルス感染と皮膚アレルギー
塩原哲夫
ウイルス感染とサイトカイン産生とアレルギー疾患
下条直樹
上気道のウイルス感染と臨床症状の発現のメカニズム
松崎全成・岡本美孝
講座

下気道ウイルス感染と喘息症状悪化のメカニズム
松倉 聡・久賀秀樹・川口未央・國分二三男
皮膚疾患のウイルス感染による悪化のメカニズム
本田まりこ・新村眞人
原 著
IPD®-ドライシロップの小児気管支喘息に対する効果及び血中動態の検討
飯倉洋治・秋本憲一・福田保俊・勝沼俊雄・杉本日出雄
連 載
気道粘膜研究(15)
国際交流
坂倉康夫
皮膚疾患の診断と治療(15)
伝染性膿痂疹
高山かおる
学会印象記(6)
第13回 日本アレルギー学会春季臨床大会印象記
森 晶夫


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ