トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年

2003年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2003年12月号(Vol.10 No.12)
特集 シックハウス症候群
■2003年11月号(Vol.10 No.11)
特集 ステロイド療法の有用性と留意点
■2003年10月号(Vol.10 No.10)
特集 気管支喘息とアレルギー性鼻炎との関係
■2003年9月号(Vol.10 No.9)
特集 アレルギー疾患および膠原病に対する新しい生物学的製剤療法
■2003年8月号(Vol.10 No.8)
特集 アレルギー性の気道炎症と細胞
■2003年7月号(Vol.10 No.7)
特集 DIHS(drug-induced hypersensitivity syndrome)
■2003年6月号(Vol.10 No.6)
特集 コントロールしにくい極めて頻度の多い食物アレルギー
■2003年5月号(Vol.10 No.5)
特集 慢性蕁麻疹の新しい発展
■2003年4月号(Vol.10 No.4)
特集 アレルギー・免疫とプロバイオティクス
■2003年3月号(Vol.10 No.3)
特集 アレルギー性疾患の特殊な治療の現状と展望
■2003年2月号(Vol.10 No.2)
特集 アトピー性皮膚炎と合併した諸病変の診断と治療
■2003年1月号(Vol.10 No.1)
特集 気管支喘息と合併した諸病変の診断と治療 II
2002年 2001年 2000年 1999年

アレルギー・免疫 2003年総目次



アレルギー・免疫 2003年1月号(Vol.10 No.1)



●巻頭言
アレルギー診療の正当なあり方-抗原・抗体への対応の重要性 全文無料
中村 晋
特集 気管支喘息と合併した諸病変の診断と治療 II

総論
中島重徳・中島宏和
成人気管支喘息と真菌症
長谷川眞紀
成人気管支喘息と心因性喘息
後藤直子・石川俊男・吾郷晋浩
成人喘息とインフルエンザ
大野 勲
小児気管支喘息と副鼻腔炎
勝沼俊雄
小児気管支喘息と心因性喘息
大矢幸弘
小児気管支喘息と化学物質過敏症
飯倉洋治・子安ゆう子・酒井菜穂・今井孝成
講座 気管支喘息と他の病気の合併

喘息が合併しやすい疾患,病態
中澤次夫
職業性喘息
木村輝明・足立 満
アスピリン喘息とアラキドン酸代謝
坂本芳雄・朴 惠榮
運動誘発喘息
足立 玲・舘野規子・星岡 明・椿 俊和
原 著
祖父母の食物アレルギーの理解度について注意が必要であった乳児例
関井秀明・中川和子・飯倉洋治
連 載
かゆみのメカニズムを探る(1)
かゆみをめぐる最近の進歩
宮地良樹
吸入ステロイド薬の安全性(5)
白内障・緑内障
東 愛・東 憲孝・秋山一男
粘膜免疫学 その新たな展開(9)
粘膜免疫機構の破綻と食物アレルギー発生の分子機構,その対策
星岡 明・河野陽一



アレルギー・免疫 2003年2月号(Vol.10 No.2)



●巻頭言
皮膚免疫学への期待 全文無料
西岡 清
特集 アトピー性皮膚炎と合併した諸病変の診断と治療

総論-アトピー性皮膚炎の合併症
西岡 清
接触皮膚炎
松永佳世子
食物アレルギー
赤澤 晃
薬剤過敏症
池澤善郎
皮膚細菌感染症
檜垣祐子
潜在性感染症
小尾真理子
   ウイルス感染症
a.ウイルス性発疹症
齋藤義弘・岡部信彦
b.ウイルス性皮膚感染症
森田栄伸
真菌感染症
加藤卓朗
眼科疾患
高村悦子
原 著
遷延する咳嗽に対するIPD®の使用経験
太田和博
アトピー性皮膚炎患児をもつ母親の不安とその軽減に関する要因の検討
岡本史歩・井手口直子・小田島安平・飯倉洋治
連 載
かゆみのメカニズムを探る(2)
神経生理学からみたかゆみのメカニズム
生駒晃彦・宮地良樹・HermannHandwerker・MartinSchmelz
吸入ステロイド薬の安全性(6) ・ 最終回
早期導入治療
石原享介
粘膜免疫学 その新たな展開(10)
潰瘍性大腸炎と粘膜免疫異常,およびその対策と予防,治療戦略
芳沢茂雄・日比紀文・井上 詠



アレルギー・免疫 2003年3月号(Vol.10 No.3)



●巻頭言
喘息疾患の寛解 全文無料
飯倉洋治
特集 アレルギー性疾患の特殊な治療の現状と展望

抗ヒスタミン薬の治療の現状と展望
黒沢元博・稲村弘明・岡野 昭
抗アレルギー薬 -特にロイコトリエン拮抗薬の現状と展望
森田 寛
吸入ステロイド薬の進歩と将来の展望
放生雅章
DNAワクチンの今後の展望
佐藤由紀夫・小林浩子
アレルギー性疾患のペプチド療法
盛川 宏・馬場廣太郎
心療内科的治療
千田要一・久保千春
CpG-DNA-抗原療法
藤枝重治
肺移植
松村輔二・近藤 丘
喘息の遺伝子免疫療法の可能性と将来の展望
保富康宏・河野光雄・伊藤康彦
アトピー性皮膚炎に対する核酸医薬導入による新しい治療法
玉井克人・森下竜一・中邨広重・金田安史・花田勝美
末梢血幹細胞移植による免疫疾患の治療
姫路大輔・塚本 浩・堀内孝彦・原田実根
関節リウマチの遺伝子治療
中島敦夫・高橋 央
関節リウマチの抗サイトカイン療法
天野宏一・竹内 勤
原 著
フマル酸エメダスチンおよび種々選択的H1受容体拮抗・アレルギー性疾患治療薬のモルモットにおけるヒスタミン誘発および受身皮膚アナフ
大平明良・滝沢俊明・堀琢弥・岡村妙子・永戸愛弥
超小型メッシュ式ネブライザー(MICRO AIR®)の臨床的検討
岸田 勝・岡田麻里・井澤雅子・下田牧子・斉藤美雪
竹下由紀子・小渋達郎・中園宏紀・鈴木五男・四宮範明
青木継稔
連 載
かゆみのメカニズムを探る(3)
かゆみとマスト細胞
豊田雅彦・諸橋正昭
粘膜免疫学 その新たな展開(11)
腸内フローラとアレルギーおよび炎症性腸疾患の発生機序,プロバイオティクスによる新しい治療戦略
古賀泰裕
学会印象記(12)
第39回 小児アレルギー学会総会印象記
橋本光司・勝沼俊雄



アレルギー・免疫 2003年4月号(Vol.10 No.4)



●巻頭言
好酸球は何をしているか 全文無料
猪熊茂子
特集 アレルギー・免疫とプロバイオティクス

総論
上野川修一
腸内細菌とプロバイオティクス
光岡知足
細菌感染,腸内細菌とアレルギー
福田早苗・中島加珠子・程 雷・笹原祐介・渡邉映理
白川太郎
アレルギーとプロバイオティクス
飯倉洋治・神谷太郎・大戸秀恭・竹内敏雄
腸疾患とプロバイオティクス
日比紀文・高石官均
腸管免疫の特性
南野昌信・石川博通
免疫系による細菌の認識
佐藤慎太郎・審良静男
炎症性腸疾患と腸管免疫
名倉 宏
原 著
スギ・ヒノキ花粉症に対する患者指導の重要性
松崎全成
「飯倉/木村のAsthma Clinical Score」の有用性について
木村光一・谷 秀和・飯倉洋治
連 載
かゆみのメカニズムを探る(4)
かゆみとオピオイドペプチド
段野貴一郎
連載 粘膜免疫学 その新たな展開(12)・ 最終回
ワクチン研究の新しい展開~粘膜ワクチンによる感染症の克服~
高橋一郎
学会印象記(13)
第52回 日本アレルギー学会総会印象記
土橋邦生



アレルギー・免疫 2003年5月号(Vol.10 No.5)



●巻頭言
アレルギー教育 全文無料
冨岡玖夫
特集 慢性蕁麻疹の新しい発展

蕁麻疹の分類と疫学
田中稔彦・秀 道広
慢性蕁麻疹における炎症細胞浸潤
川名誠司
慢性蕁麻疹と食物
櫻根幹久・古川福実
小児慢性蕁麻疹の原因と治療
足立 準
成人の慢性蕁麻疹に対する薬物療法
片山一朗
慢性蕁麻疹に対する免疫療法
新見直正
講座 血管神経性浮腫

クインケ浮腫(血管性浮腫)
江畑俊哉
遺伝性血管神経性浮腫
白石 聡
薬剤誘発性血管神経性浮腫
高路 修
講座 血管神経性浮腫
Nonepisodic angioedema associated with eosinophilia
佐藤貴浩
原 著
気管支喘息に対するオノン®カプセル(プランルカスト水和物)の市販後調査~使用成績調査~
上安功明・斎藤武・吉田行男・汐見昌夫
連 載
かゆみのメカニズムを探る(5)
ドライスキンとかゆみ
高森建二



アレルギー・免疫 2003年6月号(Vol.10 No.6)



●巻頭言
最近の喘息治療において考えること 全文無料
佐野靖之
特集 コントロールしにくい極めて頻度の多い食物アレルギー

総論
馬場 実
食物アレルギーの疫学
今井孝成
エビ・カニアレルギー
宇理須厚雄
ピーナッツ・アレルギー
杉原 桂・杉井京子・池松かおり・田知本寛・宿谷明紀
鈴木 誠・海老澤元宏
小麦アレルギー
柴田瑠美子
そばアレルギー
田中和子・松本健治・斎藤博久
卵アレルギー
近藤直実
牛乳アレルギー
柘植郁哉・宇理須厚雄
講 座 腸管免疫
腸管免疫とアレルギー発症のメカニズム
好田 正・八村敏志・上野川修一
腸管の栄養吸収
藤井 徹・大塚宜一・張 白蒂・山城雄一郎
原 著
高齢者喘息の治療~トシル酸スプラタストが著効した症例~
堀口高彦
原 著
第13回 日光カンファレンス「生活の近代化とアレルギー」
早川律子・吉原重美・笹井敬子・岡本美孝・佐野公仁夫
連 載
かゆみのメカニズムを探る(6)
かゆみの客観的評価
江畑俊哉



アレルギー・免疫 2003年7月号(Vol.10 No.7)



●巻頭言
肥満細胞の2種類の機能と肥満細胞欠損マウス 全文無料
北村幸彦
特集 DIHS(drug-induced hypersensitivity syndrome)

DIHSとはなにか
橋本公二
DIHSとウイルス感染症~HHV-6を中心として~
藤山幹子
DIHSの免疫学的異常
狩野葉子
DIHSの臨床的特徴と診断基準
北見 周・飯島正文
DIHSの治療
塩原哲夫
   興味深いDIHSの症例
a.DIHSの小児例
原田 晋・堀川達弥
b.サイトメガロウイルスの再活性化が見られたDIHSの症例
相原道子
   c.臓器障害を伴ったDIHSの症例
 〈1〉 脳炎を併発したDIHS
中島雅士
 〈2〉劇症型1型糖尿病を発症したDIHS
金子健彦
 〈3〉 心筋炎を併発したDIHS
猪又孝元
小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2002(JPGL 2002)の改訂点
西間三馨
連 載
かゆみのメカニズムを探る(7)
止痒薬としての抗アレルギー薬
出光俊郎



アレルギー・免疫 2003年8月号(Vol.10 No.8)



●巻頭言
アレルギー性疾患と喫煙 全文無料
北村 諭
特集 アレルギー性の気道炎症と細胞

上皮細胞
宮坂洋二・滝澤 始
肥満細胞と自然免疫
奥村 繁・岡山吉道
好塩基球
木谷誠一
好酸球
植木重治・茆原順一
リンパ球
近藤直実・加藤善一郎
好中球
吉原重美・山田裕美・有阪 治
粘液分泌細胞
徳山研一
樹状細胞(dendritic cells)
大嶋勇成・眞弓光文
マクロファージ
山下直美
動物モデルでの気道炎症と細胞
田中宏幸・永井博弌
総 説
アレルギーにおけるIL-10の役割
青木美奈子・松井永子・鈴木清高・金子英雄・深尾敏幸
伊上良輔・寺本貴英・加藤善一郎・笠原貴美子・近藤直実
連 載
かゆみのメカニズムを探る(8)
小児のかゆみ
末廣 豊



アレルギー・免疫 2003年9月号(Vol.10 No.9)



●巻頭言
ステロイド吸入療法の歴史をふり返って 全文無料
宮田 亮
第1特集 アレルギー疾患および膠原病に対する新しい生物学的製剤療法

   アレルギー疾患
総 論
大田 健
   ヒト化抗体療法
a.抗IgE療法
山口正雄
b.抗IL-5療法
森 晶夫
   サイトカイン療法
a.IL-12療法
近藤直実・金子英雄・加藤善一郎・松井永子・笠原貴美子
森本直子
第1特集 アレルギー疾患および膠原病に対する新しい生物学的製剤療法
アレルギー疾患 サイトカイン療法 b.IL-10療法
美濃口健治
DNAワクチン療法 ~CpGモチーフの臨床
田村 弦・佐野公仁夫・城田英和
アレルゲン免疫療法の動向
永田 真
   膠原病
総論:膠原病治療における生物学的製剤の位置づけ
川合眞一
   関節リウマチに対する生物学的製剤
a.TNFα阻害療法
宮坂信之
b.IL-1およびIL-6阻害療法
川合眞一
全身性エリテマトーデス・全身性硬化症に対する生物学的製剤療法
高崎芳成
免疫グロブリン大量静注療法
山田秀裕・東 浩平・小川仁史
第2特集 アナフィラキシーの病態とその予防及び治療

総論:日本におけるアナフィラキシーの現状とエピネフリン自己注射製剤エピペンRの適正使用についての学会及び協会の取り組み
宮本昭正
食物アレルギーによるアナフィラキシーの予防と治療
海老澤元宏・田知本寛・今井孝成
蜂毒アレルギーによるアナフィラキシーの予防と治療 -林野庁における対応:エピペンRの利用-
佐々木真爾・斉藤幾久次郎・臼田 誠・広澤三和子
食物依存性運動誘発アナフィラキシーと運動誘発アナフィラキシーの予防と治療
相原雄幸
ラテックスアレルギーによるアナフィラキシーの予防と治療
廣門未知子・池澤善郎
アナフィラキシー様症状の予防と治療
秋山一男
原 著
最近の長時間持続型β2刺激薬
安場広高
連 載
かゆみのメカニズムを探る(9)
高齢者のかゆみ
井上眞理子・上出良一
アレルギーと遺伝子(1)
アレルギー疾患の遺伝子解析:総説
松田 彰



アレルギー・免疫 2003年10月号(Vol.10 No.10)



●巻頭言
アレルギーとエコロジー 全文無料
井上 栄
特集 気管支喘息とアレルギー性鼻炎との関係

総論
ルビー・パワンカール
上気道と下気道の気道上皮細胞
滝澤 始
上気道と下気道:その関連性
ルビー・パワンカール・相田瑞恵
気管支喘息におけるスギ花粉症
美濃口健治・足立 満
気管支喘息と副鼻腔炎の関係
出島健司・福島一登・広村弥生・濱 雄光
ISAAC studyによる気管支喘息とアレルギー性鼻炎の疫学的な調査
久保田典里子・小田嶋博・西間三馨
講 座 基礎から見たone airway, one disease

上気道と下気道のアレルギー性炎症の相違 ~リモデリングを中心に~
竹内万彦・間島雄一
上気道と下気道アレルギー性炎症発症因子の相異
河野茂勝・奈邉 健
上気道と下気道アレルギー治療薬の相違
若原恵子・永井博弌
鼎 談
自己注射用エピネフリン注射液エピペン® によるアナフィラキシーの補助治療
宮本昭正・佐々木真爾・海老澤元宏
原 著
アレルギー性鼻炎に対する抗アレルギー薬の臨床的検討
伊東宗治・赤荻勝一・清水勝利・小林健二
トシル酸スプラタスト(アイピーディ ® )とモンテルカスト錠の併用が奏効した化学物質過敏症の2例
中山博夫・宮本昭正
第15回日本アレルギー学会春季臨床大会におけるオンライン活用の試み
猪熊茂子
連 載
かゆみのメカニズムを探る(10)
薬剤・食品によるかゆみ
池澤善郎
アレルギーと遺伝子(2)
家系を用いた喘息の全ゲノム解析
野口恵美子



アレルギー・免疫 2003年11月号(Vol.10 No.11)



●巻頭言
アトピー治療家の自信 全文無料
青木敏之
特集 ステロイド療法の有用性と留意点

総論
奥平博一
ステロイド全身投与の適応と留意点
宮國友治・中川武正
小児気管支喘息に対する全身性ステロイド療法の留意点
土居 悟
ステロイドパルス療法の適用と留意点
矢嶋宣幸・猪熊茂子
吸入ステロイド療法の成人における有用性と留意点
藤村直樹
吸入ステロイド療法の小児における留意点
滝沢琢己・徳山研一
ステロイド外用療法における留意点
井川 健・西岡 清
ステロイド外用薬のEBM
大矢幸弘
ステロイド点眼薬の留意点
樋口眞琴・大野重昭
ステロイド性骨粗鬆症
田中良哉
ステロイド誘発性消化性潰瘍の対策
田川一海
座談会
β2刺激薬の臨床的位置づけ~小児科領域~
森川昭廣・河野陽一・永倉俊和・吉原重美
原 著
難治性咳嗽に対するトシル酸スプラタストの使用経験
昇 卓夫・宮崎康博・今村洋子
連 載
かゆみのメカニズムを探る(11)
虫刺されによるかゆみ
夏秋 優
アレルギーと遺伝子(3)
喘息の全ゲノムSNP解析
赤星光輝・玉利真由美・白川太郎
学会印象記(14)
第33回 日本皮膚アレルギー学会総会・学術大会
豊田雅彦



アレルギー・免疫 2003年12月号(Vol.10 No.12)



●巻頭言
天然物を用いたアレルギーの治療 全文無料
矢田純一
特集 シックハウス症候群

シックハウス症候群・化学物質過敏症 総論
鈴木直仁
シックハウス症候群と化学物質過敏症~オーバービュー~
坂部 貢
アレルギーの見地から
長谷川眞紀
呼吸器科の見地から
馬島 徹
心身医学の見地から
辻内優子・齊藤麻里子・熊野宏昭・辻内琢也・久保木富房
皮膚科学の見地から
高橋祥子・藤井一恭・辻 和英・岩月啓氏
シックハウス症候群とシックスクール症候群~小児科の見地から~
角田和彦
環境工学の見地から
柳沢幸雄
シックビルディング症候群とシックハウス症候群 ~労働衛生学的見地から~
平田 衛・荒記俊一・鈴木 亮
診療の実際
庄司俊輔
座談会
鼻アレルギー治療における局所ステロイド薬の位置付け
馬場廣太郎・大久保公裕・小澤 仁・荻野 敏
連 載
かゆみのメカニズムを探る(12)・最終回
かゆみと掻破行動
小林美咲
アレルギーと遺伝子(4)
アトピー性皮膚炎の全ゲノム解析
清水麻貴子・赤星光輝・高橋尚美・小久保美紀・関口寛史
中島加珠子・広田朝光・小原和彦・松田 彰・玉利真由美
白川太郎


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ