トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■キーワード検索■

上の検索ボックスより、文献の全文検索ができます。

■バックナンバー目次■

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

2006年 年間総目次
連載別索引  執筆者別索引

■2006年12月号(Vol.13 No.12)
特集 食物アレルギーの最近の考え方 ~ガイドラインをふまえて~
■2006年11月号(Vol.13 No.11)
特集 インフルエンザをめぐる諸問題
■2006年10月号(Vol.13 No.10)
特集 アレルギーの動物モデル
■2006年9月号(Vol.13 No.9)
特集 秋の花粉症
■2006年8月号(Vol.13 No.8)
特集 アレルギー疾患におけるリモデリング II
■2006年7月号(Vol.13 No.7)
特集 アレルギー疾患におけるリモデリング I
■2006年6月号(Vol.13 No.6)
特集 アレルギー疾患におけるマスト細胞の位置づけ
■2006年5月号(Vol.13 No.5)
特集 アレルギー疾患におけるQOL評価
■2006年4月号(Vol.13 No.4)
特集 アレルギー疾患とInnate Immunity
■2006年3月号(Vol.13 No.3)
特集 アレルゲンの分子医学
■2006年2月号(Vol.13 No.2)
特集 アレルギー疾患診断の実際
■2006年1月号(Vol.13 No.1)
特集 ケモカインとアレルギー
2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年

アレルギー・免疫 2006年総目次



アレルギー・免疫 2006年1月号(Vol.13 No.1)



●巻頭言
犬とアレルギー 全文無料
森田 寛
特集 ケモカインとアレルギー

序:ケモカインとケモカインレセプター 全文無料
玉置 淳
   I .内科
1)気管支喘息とケモカイン
植木重治・足立哲也・大田 健
2)過敏性肺炎とケモカイン
大串文隆
3)膠原病とケモカイン
阿部 淳・石川 昌
   II .耳鼻咽喉科
1)鼻粘膜由来線維芽細胞におけるRANTES・Eotaxin制御
山田武千代・高橋 昇・藤枝重治
2)粘膜免疫機構とケモカイン
長竹貴広・福山 聡・清野 宏
3)副鼻腔炎病態とケモカイン
竹野幸夫
   III .皮膚科
1)アトピー性皮膚炎とケモカイン
中村晃一郎
2)接触皮膚炎とケモカイン
戸倉新樹
3)乾癬とケモカイン
照井 正
原 著
スギ花粉症に対する塩酸オロパタジン(アレロック®)の効果と投与方法の工夫
安元和彦
モルモット気道壁モデルにおけるロキシスロマイシンの効果
太田真弓・相良博典・増田浩之・岡田壮令・笛木直人
笛木 真・杉山公美弥・福田健
連 載
空中飛散花粉(9)
スギとヒノキの花粉形態
佐橋紀男
ステロイドの歴史(4)
鼻噴霧用ステロイドの現状と効果
増山敬祐



アレルギー・免疫 2006年2月号(Vol.13 No.2)



●巻頭言
喘息診療ガイドライン 全文無料
長谷川眞紀
第1特集 アレルギー疾患診断の実際

 全文無料
岩田 力
   I .成人気管支喘息はどのように診断するのか
1)問診のコツ
灰田美知子
2)診察・診断のコツ
滝澤 始
3)検査のコツ
土橋邦生
   II .乳幼児・小児気管支喘息はどのように診断するのか
1)問診のコツ
赤澤 晃
2)診察・診断のコツ
西牟田敏之
3)検査のコツ
五十嵐隆夫
   III .アトピー性皮膚炎はどのように診断するのか
1)問診のコツ
池澤善郎
2)皮疹の見方,記載の仕方
佐藤貴浩
   IV .アレルギー性鼻炎はどのように診断するのか
1)問診のコツ
斎藤洋三
2)一般医でもできる耳鼻科的診察手技
松崎全成
   V .アレルギー性結膜炎はどのように診断するのか
1)診察・診断のコツ
内尾英一
第2特集 高齢者喘息に対する吸入ステロイド療法

東田有智
I .薬剤の特性を生かした吸入ステロイド薬の選択方法
内田由佳・永田 真
II .高齢者喘息に対する吸入ステロイド薬の使い方
岩永賢司・東田有智
III .高齢者喘息のコンプライアンスを考慮に入れた吸入ステロイド療法
中田裕子・松瀬厚人・河野 茂
IV .高齢者喘息の肺機能とQOLを考慮に入れた吸入ステロイド療法
山内広平
V .高齢者喘息に対する吸入ステロイド療法の問題点
國分二三男・松倉 聡・川口未央
VI .吸入ステロイド薬のCOPD治療への可能性-HFA-134a-BDP(キュバールTM)定期吸入の効果-
寺本信嗣・山本 寛・山口泰弘・花岡陽子・石井正紀
大内尉義
原 著
スギ花粉症における初期治療開始時期の検討
後藤 穣・大久保公裕・八尾和雄・牧山 清・大西正樹
西端慎一
長時間作動型β2刺激薬の比較
飴嶋慎吾・若林聖伸・出村芳樹・水野史郎・塚本 仁
寺沢優子・中村敏明
連 載
空中飛散花粉(10)
花粉症原因植物の花粉あれこれ(1)
佐橋紀男
ステロイドの歴史(5)
小児アレルギー性鼻炎における局所ステロイドの有用性
永倉俊和



アレルギー・免疫 2006年3月号(Vol.13 No.3)



●巻頭言
アトピー性皮膚炎オーダーメード治療への夢 全文無料
中川秀己
特集 アレルゲンの分子医学

序アレルゲン特異的治療法の確立を目指して 全文無料
安枝 浩
   I .アレルゲンの分子生物学的解析
1)ダニグループ1アレルゲン組換体の作製とその活性
高井敏朗
2)プロテオーム解析によるスギ花粉・ダニアレルゲンの全容解明
河本正次・秋庸 裕・小埜和久
3)スギ花粉アレルゲンの遺伝的変異
福田陽子
4)ネコ,イヌのアレルゲン
市川邦男
5)魚貝類のアレルゲン
塩見一雄
6)ラテックスアレルゲン
赤澤 晃
7)ゼラチンアレルゲン
阪口雅弘
8)アレルゲン構成糖鎖の構造と活性
岡野光博・木村吉伸
   II .新しいアレルゲン特異的治療法の開発
1)DNAワクチンとCpG結合ワクチン
増田健一
2)スギ花粉症に対するペプチド免疫療法
平原一樹・阪口雅弘
3)食べるワクチンの開発 -アレルギー緩和組換え米の作出-
高岩文雄・高木英典
原 著
エピネフリン自己注射携帯簡易キット製剤(エピペン®)の処方および使用の現状と今後の課題~アンケート調査報告( I )~
小林真理子・石井正和・木内祐二
原 著
エピネフリン自己注射携帯簡易キット製剤(エピペン®)の調剤および学校での対応の現状と今後の課題~アンケート調査報告( II )~
小林真理子・石井正和・木内祐二
連 載
空中飛散花粉(11)
花粉症原因植物の花粉あれこれ(2)
佐橋紀男
ステロイドの歴史(6)
外用ステロイドの歴史
赤城久美子



アレルギー・免疫 2006年4月号(Vol.13 No.4)



●巻頭言
角層の働きからみたアトピー性皮膚炎における保湿の役割 全文無料
田上八朗
特集 アレルギー疾患とInnate Immunity

 全文無料
松本健治
I .Hygiene Hypothesis -臨床と基礎研究を繋いだ疫学的事実-
松本健治
II .Toll-like receptorを介した刺激はアレルギー疾患をどのように修飾できるか
改正恒康
III .制御性T細胞とInnate Immunity
田中 聡・坂口志文
IV .NKT細胞の活性化はアレルギー疾患の発症や病態にどのように関与するか
岩村千秋・木村元子・中山俊憲
V .γδT細胞の活性化はアレルギー疾患の発症や病態にどのように関与するか-気管支喘息を中心に-
金廣有彦
VI .気道上皮細胞における Innate Immunityと気管支喘息の病態について
松倉 聡・國分二三男・足立 満
VII .皮膚角質細胞におけるInnate Immunityとアトピー性皮膚炎の病態について
野村伊知郎
VIII .CpG oligodeoxynucleotideによるアレルギー疾患治療戦略
佐野公仁夫
IX .腸内細菌叢はアレルギー疾患の発症や治療にどのように関わるか
須藤信行
原 著
成人気管支喘息における感作アレルゲンの全国調査
足立 満・井上洋西・田村 弦・佐野靖之・大田 健
中川武正・伊藤幸治・馬場研二・平田一人・東田有智
中島重徳・高橋 清・浅井貞宏・宮本昭正
気管支喘息患者に対するキシナホ酸サルメテロールとプロピオン酸フルチカゾン併用治療における喘息エピソード 並びに喘息QOLに対する効果の検討(FIRST study)
宮本昭正・足立 満・大田 健・田中亮子・岡野英幸
横森淳二・加藤 淳・植地泰之・永田 傳
経口の喘息治療薬を中心とした治療法からキシナホ酸サルメテロールと プロピオン酸フルチカゾン併用療法に切り替えた場合の喘息治療目標への到達割合の検討
沖 和彦・羽持匡彦・大脇一郎・井尻章悟・植地泰之
永田 傳・大田 健
新 連 載
皮膚疾患の診断と治療(1)
乳児アトピー性皮膚炎
松永 剛
隔月連載
かゆみの症例報告~第二世代抗ヒスタミン薬の有用性~(8)
乾 癬
豊田雅彦
連 載
学会印象記(24)
第42回 日本小児アレルギー学会
亀田 誠



アレルギー・免疫 2006年5月号(Vol.13 No.5)



●巻頭言
上気道生体防御機構の解明とその臨床応用-免疫アレルギー学への誘い- 全文無料
川内秀之
特集 アレルギー疾患におけるQOL評価

 全文無料
岩田 力
I .QOL評価と質問票
萬代 隆
II .小児アレルギー疾患におけるQOLとは
赤坂 徹
III .小児アレルギー疾患におけるQOL調査のValidation
大矢幸弘
IV .小児アレルギー疾患におけるQOL調査の実際
近藤直実・桑原愛美
   V .気管支喘息のQOL評価
1)日本アレルギー学会喘息QOL調査票に関する特別委員会-AHQ-33およびBA QOL-20-
可部順三郎
2)海外と国内の調査票の得失
西山 理・谷口博之
VI .アレルギー性鼻炎のQOL評価
奥田 稔
VII .アトピー性皮膚炎のQOL評価
片岡葉子
原 著
日本語版Asthma Control Test:喘息コントロールテストによる喘息コントロール状態の判定に関する有用性の検討
東田有智・久保裕一・岩永賢司・村木正人・宮良高維
佐野博幸
第16回日光カンファレンス
「他科のドクターに聞くアレルギー診療のコツ」
稲毛康司・松永佳世子・久保伸夫・中島宏和・永田 真
連 載
空中飛散花粉(12)
花粉症原因植物の花粉あれこれ(3)
佐橋紀男
ステロイドの歴史(7)
ステロイド副作用検討の歴史
瀬戸口京吾
皮膚疾患の診断と治療(2)
小児アトピー性皮膚炎
松永 剛
隔月連載
かゆみの症例報告 ~第二世代抗ヒスタミン薬の有用性~(9)・最終回
手のかゆみ(総論)プリックテストとパッチテストのすすめ
松永佳世子



アレルギー・免疫 2006年6月号(Vol.13 No.6)



●巻頭言
喘息を治癒させることは可能か 全文無料
眞弓光文
特集 アレルギー疾患におけるマスト細胞の位置づけ

序:マスト細胞はアレルギー炎症のコンダクターである 全文無料
羅 智靖
I .粘膜型,結合織型マスト細胞の分化
森井英一
II . マスト細胞の分化(幹細胞から)
西山千春
III .マスト細胞のトランスクリプトーム
斎藤博久
IV .FcεR I 遺伝子の発現制御機構
高橋恭子・羅 智靖
V .マスト細胞のシグナル伝達
布村 聡・羅 智靖
VI .マスト細胞の活性化とROS,RNS
吉丸哲郎・鈴木良弘・羅 智靖
VII .単量体IgEによるマスト細胞の活性化
田中智之
VIII .マスト細胞とアラキドン酸代謝
上野紀子・村上 誠
IX .マスト細胞の組織浸潤機構
田中あかね・松田浩珍
X .マスト細胞と組織リモデリング
岡山吉道
小特集 喘息・COPD治療におけるツロブテロール貼付薬(ホクナリン®テープ)の有用性~最近のトピックスを中心に~

宮本昭正
I . 成人喘息ガイドラインにおけるツロブテロール貼付薬(ホクナリン®テープ)の位置づけ
田村 弦
II .小児喘息ガイドラインにおけるツロブテロール貼付薬(ホクナリン®テープ)の位置づけ
望月博之・森川昭廣
III .COPDガイドラインにおけるツロブテロール貼付薬(ホクナリン®テープ)の位置づけ
橋本 修
原 著
フルチカゾン点鼻液50μg「サワイ」28噴霧用(プロピオン酸フルチカゾン製剤)のスギ花粉症に対する臨床評価
長谷川雅容・藤倉輝道・滝沢竜太・小山利香・大久保公裕
連 載
空中飛散花粉(13)
花粉症原因植物の花粉あれこれ(4)
佐橋紀男
皮膚疾患の診断と治療(3)
アレルギー性接触皮膚炎(植物)
岡 恵子
学会印象記(25)
第24回 日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会
湯田厚司



アレルギー・免疫 2006年7月号(Vol.13 No.7)



●巻頭言
川崎病の新しい展開 全文無料
古川 漸
特集 アレルギー疾患におけるリモデリング I

 全文無料
福田 健
   I .気管支喘息
1)病理組織学的に見た気道リモデリング
海老名雅仁
2)杯細胞過形成の分子機序
相良博典
3)基底膜下線維増生の分子機序
山内広平
4)平滑筋肥厚の分子機構
土橋邦生
5)気道リモデリングにおける血管新生の分子機序
金澤 博
6)気道リモデリングと気道過敏性
鴨井 博
7)小児気管支喘息における気道リモデリング
勝沼俊雄・飯倉克人
8)気道リモデリングの予防と治療
星野 誠
小特集 RSウイルス感染症と気道疾患について

堤 裕幸
I .RSウイルス感染と喘息発症 -欧米での研究から-
岡田賢司
II .RSウイルス感染と喘息発症 -Th1/Th2バランスの観点から-
山田裕美・吉原重美・有阪 治
III .RSウイルス感染と喘息発症 -感染による喘息の発症,増悪の機序-
寺本貴英・青木美奈子・松井永子・近藤 應・川本典生
金子英雄・深尾敏幸・近藤直実
鼎 談
β2刺激薬の薬理学的特徴と新たな可能性
永井博弌・久米裕昭・安井耕三
原 著
プロカテロールドライシロップ単回投与後の呼吸機能の推移
﨑山幸雄
連 載
空中飛散花粉(14)
花粉症原因植物の花粉あれこれ(5)
佐橋紀男
皮膚疾患の診断と治療(4)
アレルギー性接触皮膚炎(染毛剤)
岡 恵子



アレルギー・免疫 2006年8月号(Vol.13 No.8)



●巻頭言
呼吸器アレルギーと微生物 全文無料
坂本芳雄
特集 アレルギー疾患におけるリモデリング II
I.鼻アレルギー
1)鼻アレルギーにおけるリモデリング
山田武千代・森 繁人・高橋 昇・窪 誠太・藤枝重治
2)慢性副鼻腔炎と鼻茸におけるリモデリング
間島雄一
3)鼻アレルギーにおけるリモデリング-Th2型サイトカイン,VEGF,好酸球とリモデリング-
松根彰志・大堀純一郎・黒野祐一
4)鼻アレルギーにおけるリモデリング-メディエーターの面から-
白崎英明
II .アトピー性皮膚炎
1)湿疹反応とリモデリング
片山一朗・室田浩之・BaeSJ
2)皮膚好酸球性炎症におけるリモデリング
佐藤貴浩
III .アレルギー性結膜炎
1)アレルギー性結膜炎のリモデリング-好酸球浸潤の面から-
深川和己
2)アレルギー性結膜炎のリモデリング -サイトカインの面から-
内尾英一
原 著
長時間作動型吸入β2刺激薬(キシナホ酸サルメテロール)の気管支喘息患者に対する臨床的検討-ツロブテロールテープを対照とした二重盲検並行群間比較試験-
東田有智・藤村政樹・相澤久道・塩谷隆信・平田一人
中島光好・田村 宏・大脇一郎・井尻章悟・植地泰之
永田 傳・宮本昭正
連 載
空中飛散花粉(15)
花粉症原因植物の花粉あれこれ(6)
佐橋紀男
ステロイドの歴史(8)・最終回
膠原病治療薬としてのステロイドの歴史
住友秀次
皮膚疾患の診断と治療(5)
主婦湿疹
高山かおる



アレルギー・免疫 2006年9月号(Vol.13 No.9)



●巻頭言
食物アレルギーの臨床における古くて新しい視点 全文無料
伊藤節子
特集 秋の花粉症

秋の花粉症 はじめに 全文無料
大久保公裕
I .秋の花粉症の種類と地域差
岸川禮子・宇佐神篤
II .ブタクサ花粉とそのアレルゲン
井手 武・三好教夫・藤木利之
III .ヨモギ花粉について
佐橋紀男
IV .秋の花粉症治療 -特に初期治療について-
竹内裕美・北野博也・榎本雅夫
V .小児の秋の花粉症
木村光明
VI .ブタクサ花粉症におけるCpGワクチン
阪口雅弘
原 著
スギ花粉症に対する塩酸オロパタジン(アレロックR)と塩酸フェキソフェナジン(アレグラR)の臨床効果-花粉曝露室における検討-
榎本雅夫・硲田猛真・與田茂利・嶽 良博・井手 武
持続型成人喘息患者におけるベクロメタゾンHFA製剤(BDP-HFA)からブデソニド(BUD-DPI)へ変更した際の臨床効果の検討
相良博典・平田博国・杉山公美弥・眞塩一樹・山田一成
福田 健
フルチカゾン吸入(FP-DPI)中の安定期気管支喘息患者において,ブデソニド吸入(BUD-DPI)へ変更した際の適正吸入量の検討
藤澤朋幸・鈴木研一郎・横村光司・松本一彦・橋本久邦
須田隆文・千田金吾
小児気管支喘息患者に対するキシナホ酸サルメテロールとプロピオン酸フルチカゾン併用治療における喘息エピソード並びに喘息QOLに対する効果の検討(FIRST study)
宮本昭正・西牟田敏之・森川昭廣・田中亮子・岡野英幸
横森淳二・植地泰之・永田 傳
OPINION 喘息死ゼロを目指して
「医師と患者のパートナーシップ」:言うは易く行うは難し
秋山一男・西間三馨
連 載
空中飛散花粉(16)
花粉症原因植物の花粉あれこれ(7)
佐橋紀男
皮膚疾患の診断と治療(6)
おむつ皮膚炎
高山かおる
学会印象記(26)
第25回 欧州アレルギー臨床免疫学会
岩田 力



アレルギー・免疫 2006年10月号(Vol.13 No.10)



●巻頭言
アレルギー反応に思う 全文無料
今村貞夫
特集 アレルギーの動物モデル

 全文無料
永井博弌
I .食物アレルギーの動物モデル
 ―― 臨床の立場から
影山(矢原)夏子・山本 武・門脇 真・松本健治
II .アレルギー性鼻炎の動物モデル
 ―― 臨床の立場から
水谷暢明・奈邉 健・河野茂勝・岡本美孝
III .アトピー性皮膚炎の動物モデル
 ―― 臨床の立場から
有村昭典・吉岡 健・竹内 聡
IV .アレルギー性喘息の動物モデル
 ―― 臨床の立場から
田中宏幸・稲垣直樹・永井博弌・土肥 眞
V .アレルギー性結膜炎の動物モデル
 ―― 臨床の立場から
亀井千晃・福島敦樹
VI .サルのアレルギーモデルの特徴
 ―― 臨床の立場から
中村 伸・後藤 穣・大久保公裕
原 著
キシナホ酸サルメテロール-喘息に対する吸入ステロイド薬との併用効果-
大田 健
喘息コントロールテスト(ACT)を用いた,喘息専門医・非専門医患者の喘息コントロール状態の評価
大林浩幸・山田 学
スギ花粉症患者に対するラマトロバンの安全性
滝沢竜太・小津千佳・増野 聡・杉崎一樹・中村 毅
大久保公裕
OPINION 喘息死ゼロを目指して
喘息死ゼロを目指して~内科~
佐野靖之・西牟田敏之
連 載
皮膚疾患の診断と治療(7)
皮脂欠乏性皮膚炎
谷口裕子
学会印象記(27)
第62回 米国アレルギー喘息免疫学会
灰田美知子



アレルギー・免疫 2006年11月号(Vol.13 No.11)



●巻頭言
湾岸戦争と疫学研究 全文無料
松井猛彦
特集 インフルエンザをめぐる諸問題

 全文無料
工藤宏一郎
I.インフルエンザのパンデミック対策について
西村秀一
II.グローバルサーベイランスの重要性
尾崎弘一・喜田 宏
III.インフルエンザウイルス感染の病態とプロテアーゼによる重症化機構
木戸 博・TrongQuangLe・DengbingYao・山田博司・SiyeWang
奥村裕司
IV.高病原性鳥インフルエンザ
加藤康幸
V.ウイルス感染とアレルギー,免疫
松倉 聡・國分二三男・川口未央・渡辺 伸・足立 満
VI.成人インフルエンザの臨床
川名明彦
VII.小児インフルエンザの臨床
松下竹次・瓜生英子・山中純子
VIII.抗ウイルス薬について
山下 誠
IX.インフルエンザワクチン
駒瀬勝啓
連 載
空中飛散花粉 17 ・最終回
花粉症原因植物の花粉あれこれ(8)
佐橋紀男
皮膚疾患の診断と治療(8)
ビダール苔癬
松永 剛
新連載
アレルギー疾患の歴史(1)
連載を開始するに当って
宮本昭正
気管支喘息の歴史(1)
概念の変遷 古代より19世紀前半まで
眞野健次
学会印象記(28)
第18回 日本アレルギー学会春季臨床大会
永田 真



アレルギー・免疫 2006年12月号(Vol.13 No.12)



●巻頭言
喘息児のネブライザー吸入療法 全文無料
豊島協一郎
特集 食物アレルギーの最近の考え方 ~ガイドラインをふまえて~

 全文無料
向山徳子
I.食物アレルギーの定義と分類
海老澤元宏・緒方美佳
II.食物アレルギーの疫学
今井孝成
III.食物アレルギーの病態
篠田紳司・金子英雄・近藤直実
IV.食物アレルギーの症状および関与する疾患
小倉英郎
V.食物アレルギーの診断の手順
柴田瑠美子
VI.アレルギーマーチと食物アレルギーの経過
山口公一
VII.食物アレルギーにおける食事療法
伊藤節子
VIII.食物アレルギーにおける薬物療法
有田昌彦
IX.食物アレルギー治療の将来展望
宇理須厚雄
X.アレルギーに対する行政の対応
野上耕二郎
原 著
気管支喘息患者における最大吸気流速測定値と実際の吸入状況の評価
加藤聡之・後藤 幸・橋本理恵・榊原隆志・岩田 勝
医療機関内でのアナフィラキシー対策におけるエピネフリン製剤~エピネフリン自己注射携帯簡易キット製剤(エピペンR)の位置づけ~
小林真理子・石井正和・清水俊一・木内祐二
連 載
皮膚疾患の診断と治療(9)
異汗性湿疹
渡邊京子
気管支喘息の歴史(2)
概念の変遷 19世紀半ばより現代の入り口まで
眞野健次
学会印象記(29)
第16回 国際喘息学会北アジア部会
土橋邦生


オンラインメドジャーナル

ユーザーID

パスワード

パスワードの保存

パスワードを忘れた方はこちら

定期購読されますと、オンラインメドジャーナルから過去の文献が全文無料で閲覧できます。



▲このページの上へ