トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■書籍一覧(年月別)■

これだけは知っておきたい日常診療で遭遇する耐性菌 ESBL産生菌 -診断・治療・感染対策-
これだけは知っておきたい日常診療で遭遇する耐性菌 ESBL産生菌 -診断・治療・感染対策- 序文を見る


東京医科大学微生物学分野主任教授/東京医科大学茨城医療センター感染制御部部長 松本哲哉 編著


A5判 194頁
定価(本体 3,800円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2853-9 C3047
2017年10月発行
近年、重要性が増してきている耐性菌のひとつ「ESBL(extended-spectrum β-lactamase:基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ)産生菌」―。臨床の現場においてもしばしば遭遇するため、適確な診断や治療、感染対策が求められるようになってきている。
特に感染対策の面では、接触感染予防の対象になるものの、多くの保菌者が存在し、どこまで対策を徹底できるかが大きな課題となっている。
医療・介護関係者など、あらゆる職種にとってわかりやすい表現で解説したほか、検査、医療の現場において取るべき対応を具体的に記載。ESBL産生菌について、その性質や状況を熟知できる1冊。
主な内容
PartⅠ ESBL産生菌の全般的特徴と位置づけ
 1 ESBL産生菌の細菌学的特徴
 2 ESBL産生菌の疫学的特徴
 3 ESBL産生菌感染症の臨床的背景

PartⅡ ESBL産生菌感染症の診断
 1 ESBL産生菌感染症の臨床的診断のポイント
 2 ESBL産生菌の検査におけるポイント

PartⅢ ESBL産生菌と抗菌薬の適正使用
 1 ESBL産生菌のリスクを高めないための抗菌薬の適正使用
 2 ESBL産生菌感染症における抗菌薬選択のポイント
 3 薬剤耐性(AMR)対策アクションプランとESBL産生菌

PartⅣ 各診療領域におけるESBL感染症の実際
 1 小児科領域におけるESBL産生菌感染症
 2 泌尿器科領域におけるESBL産生菌感染症
 3 外科領域におけるESBL産生菌感染症
 4 免疫不全患者におけるESBL産生菌感染症

PartⅤ ESBL産生菌の感染対策
 1 ESBL産生菌の保菌者への対応
 2 ESBL産生菌の院内アウトブレイクへの対応
 3 介護施設における感染対策のポイント


▲このページの上へ