トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ
医学書シリーズ目録

ガイドラインサポートハンドブックシリーズ
みんなに役立つシリーズ
ナースのためのハンドブックシリーズ
疾患のマネジメントシリーズ
インフォームドコンセントのための図説シリーズ
服薬指導Q&Aシリーズ
■このシリーズ書をすべて表示■
精神科領域の服薬指導Q&A 改訂版
腎疾患の服薬指導Q&A 改訂版 ~CKDから透析患者まで~
緩和医療における服薬指導Q&A
高齢者への服薬指導Q&A
眼科領域の服薬・用法指導Q&A
服薬指導Q&Aシリーズ 糖尿病編
服薬指導Q&Aシリーズ 吸入ステロイド編
服薬指導Q&Aシリーズ 眼科編
患者さんのためのやさしい疾患の自己管理シリーズ
妊婦・授乳婦のための服薬指導Q&A
妊婦・授乳婦のための服薬指導Q&A 序文を見る


国立成育医療研究センター副院長 北川道弘 編
国立成育医療研究センター母性医療診療部部長/妊娠と薬情報センター長 村島温子 編


A5判 232頁
定価(本体 3,800円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2471-5 C3047
2010年11月発行
妊婦・授乳婦への的確な服薬指導のために。患者からよく聞かれる質問を厳選、Q&A形式で模範解答例を示した、臨床現場ですぐに役立つ一冊。
患者が気になる服薬の「安全性」と「効果」について、良質なエビデンスに基づき解説。産婦人科領域の基礎知識・薬学知識の習得にも最適。
薬剤師をはじめ、服薬指導に関わる全ての医療従事者に必携の書!
主な内容

I.妊娠前・妊娠初期の相談

妊娠しているとは知らずに市販の風邪薬を飲んだ。胎児への影響は? / 「全か無か」の時期とは? / X線の胎児への影響は? / 漢方薬は妊娠中に使用しても安全? …など

II.慢性疾患と妊娠

抗てんかん薬を内服中。胎児への影響は? / 糖尿病で治療中。妊娠までに注意することは? / 気管支喘息でステロイド薬を吸入中。妊娠後はどうしたらよい? / 関節リウマチだが、サラゾスルファピリジンでコントロール良好。妊娠後はどうしたらよい? / アトピー性皮膚炎でステロイドの軟膏を使っている。塗る範囲などの制限は?…など

III.妊娠中の疾患(偶発症)と薬

妊娠中に使いやすい胃薬は? / 妊娠中に使いやすい鎮痛剤は? / つわりがひどい。何かよい薬は? / 便秘がひどいが、どの薬を飲めばよい? / 妊娠中のインフルエンザワクチンはどうしたらよい? / 痔がひどくなった。妊娠中はどのような対応がよい? /

妊娠中、カフェインを含んだ嗜好品は控えるべきか? / タバコをやめることができない。胎児への影響は? / 妊娠中のアルコール摂取の影響は? …など

IV.授乳と薬の影響

授乳中にアルコールは飲める? / 授乳中の喫煙(受動喫煙も含む)の影響は? / 母乳保育の利点とは? / 授乳中に市販の風邪薬を飲んでもよい? / 「母乳禁忌」の薬剤は、服用を終了すれば授乳可能か? / 母乳をやめるべき薬剤とは? …など

V.こどもの障害(奇形)とケア

奇形にはどのようなものがある? / 奇形の発生頻度は? / 奇形を調べる方法は? / 薬が原因で染色体異常となることはある? / 羊水検査で薬の影響はわかる? …など

VI.その他

添付文書の妊婦禁忌の根拠 / milk/plasma ratio(M/P比)とは / 妊娠と薬に関する相談窓口



▲このページの上へ