トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ
医学書シリーズ目録

ガイドラインサポートハンドブックシリーズ
みんなに役立つシリーズ
ナースのためのハンドブックシリーズ
疾患のマネジメントシリーズ
インフォームドコンセントのための図説シリーズ
■このシリーズ書をすべて表示■
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 悪性リンパ腫 改訂3版
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 乾癬
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 抗悪性腫瘍薬 -分子標的治療薬-改訂版
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 月経困難症 ~月経痛とその関連疾患を知る~
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 骨粗鬆症 改訂3版
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 統合失調症
インフォームドコンセントのための図説シリーズ GVHD(移植片対宿主病)と造血細胞移植
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 不整脈治療のためのカテーテルアブレーション ~エビデンスに基づいた周術期管理~
服薬指導Q&Aシリーズ
患者さんのためのやさしい疾患の自己管理シリーズ
インフォームドコンセントのための図説シリーズ がん性疼痛
インフォームドコンセントのための図説シリーズ がん性疼痛 序文を見る


国立がんセンター中央病院手術部部長 下山直人 編


A4変型判 76頁
定価(本体 3,800円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2266-7 C3047
2007年8月発行
● がんの痛みには積極的な除痛で!患者とその家族が抱える、痛みへの不安を取り除く最良の一冊!
● 痛み緩和への麻薬(医療用)使用はWHO(世界保健機関)方式が基本。豊富な剤型の使いわけで、より患者のニーズに応える。
● オールカラーで読みやすく、インフォームドコンセント取得に最適!

○主な内容○
1.ICのためのがんの痛みの種類とその特徴
2.ICのための痛みの機序と鎮痛薬、鎮痛法の作用部位
3.ICのための痛みの評価法
4.ICのための痛みの治療法
 1)ICのための薬物療法
 (1) WHO方式の基本
 (2)非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)
 (3)医療用麻薬(オピオイド鎮痛薬)の種類と特徴
 (4)オピオイド鎮痛薬の副作用対策
 (5)オピオイドローテーション
 (6)オピオイド鎮痛薬の投与経路とそれぞれの特徴
 (7)在宅医療におけるオピオイド使用に関する問題点
 2)ICのための非薬物療法
 (1)がん性疼痛に対する統合医療(鍼灸、レーザーなど)
 (2)神経ブロック
5.ICのための小児がん性疼痛
6.終末期におけるインフォームドコンセント


▲このページの上へ