トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ
医学書シリーズ目録

ガイドラインサポートハンドブックシリーズ
■このシリーズ書をすべて表示■
ガイドラインサポートハンドブック 慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)改訂版
ガイドラインサポートハンドブック 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療
ガイドラインサポートハンドブック IDSAガイドライン MRSA
ガイドラインサポートハンドブック 呼吸器感染症
ガイドラインサポートハンドブック パーキンソン病
ガイドラインサポートハンドブック IDSAガイドライン 真菌症治療のUP-TO-DATE
ガイドラインサポートハンドブック 慢性腎臓病(CKD)に伴う貧血
みんなに役立つシリーズ
ナースのためのハンドブックシリーズ
疾患のマネジメントシリーズ
インフォームドコンセントのための図説シリーズ
服薬指導Q&Aシリーズ
患者さんのためのやさしい疾患の自己管理シリーズ
ガイドラインサポートハンドブック 慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)改訂版
ガイドラインサポートハンドブック 慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)改訂版 序文を見る


東海大学医学部内科学系腎内分泌代謝内科教授 深川雅史 監修
東京慈恵会医科大学内科学講座(腎臓・高血圧内科)准教授 横山啓太郎 編


A5判 336頁
定価(本体 4,800円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2613-9 C3047
2013年5月発行
初版から5年、「慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常の診療ガイドライン」発表を受け満を持して登場!
さらに進んだリン、カルシウム、PTH(副甲状腺ホルモン)のコントロール法について解説するとともに、保存期、腎移植、小児におけるCKD-MBDについての新項目を追加。初版発刊後に承認されたシナカルセト塩酸塩、炭酸ランタンについても詳説。
腎臓専門医、臨床医にお勧めの1冊!
主な内容
I.新しい概念としてのCKD-MBD
II.副甲状腺はどこから来たか?
III.新しい骨ミネラル代謝の考え方:FGF23
IV.新しい骨ミネラル代謝の考え方:Klotho
V.CKD-MBDの発症機序
VI.海外のガイドラインとKDIGO
VII.CKD-MBDの診療ガイドライン
 1.透析患者のCKD-MBD管理における基本事項
 2.ガイドライン本文と補足
 3.検査項目と測定頻度
 4.血清P, Ca濃度の管理
 5.PTHの管理
 6.副甲状腺インターベンションの適応と方法
 7.骨代謝の評価と管理
 8.透析アミロイドーシス関連骨症の診断と治療
 9.血管石灰化
 10.腹膜透析患者におけるCKD-MBD
 11.保存期CKD-MBD
 12.腎移植患者におけるCKD-MBD
 13.小児におけるCKD-MBD
VIII.CKD-MBDに対する薬物療法の実際
 1.P吸着薬
 2.活性型ビタミンD製剤
 3.シナカルセト塩酸塩
 4.骨作動薬
 5.透析条件変更による高P血症対策
 6.食事療法
IX.CKD-MBD診療でのPro-Con
 1.活性型ビタミンDは長寿の薬か?
 2.ビタミンDサプリメントか活性型ビタミンDか?
 3.シナカルセト塩酸塩かPTxか?
 4.統計から出たエビデンスをどこまで診療に生かすべきか?
 5.透析患者へのビスホスホネートの投与は?
X.ガイドラインで語れないこと
 1.CKD-MBDにおけるビタミンKの可能性
 2.高いFGF23レベルを下げることに意味があるか?
 3.ALPは骨代謝マーカーか生命予後予知因子か?
 4.カルシフィラキシス
 5.糖尿病患者のMBD管理
 6.CKD-MBDと骨質
 7.CKD-MBDと骨細胞
XI.次のガイドラインに求められるもの


▲このページの上へ