トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ
医学書シリーズ目録

ガイドラインサポートハンドブックシリーズ
みんなに役立つシリーズ
■このシリーズ書をすべて表示■
みんなに役立つ 造血幹細胞移植の基礎と臨床 改訂3版
みんなに役立つGVHD(移植片対宿主病)の基礎と臨床
みんなに役立つ 悪性リンパ腫の基礎と臨床 改訂版
みんなに役立つ乳癌の基礎と臨床
みんなに役立つ多発性骨髄腫の基礎と臨床
みんなに役立つ白血病の基礎と臨床
ナースのためのハンドブックシリーズ
疾患のマネジメントシリーズ
インフォームドコンセントのための図説シリーズ
服薬指導Q&Aシリーズ
患者さんのためのやさしい疾患の自己管理シリーズ
みんなに役立つ 造血幹細胞移植の基礎と臨床 改訂3版
みんなに役立つ 造血幹細胞移植の基礎と臨床 改訂3版 序文を見る


自治医科大学附属病院・附属さいたま医療センター血液科教授 神田善伸 編


B5判 808頁
定価(本体 10,000円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2801-0 C3047
2016年5月発行
2008年・初版、2012年・改訂版に続き、待望の改訂3版を遂に刊行!新項目を含む全82項目で、基礎と臨床の両面から造血幹細胞移植の現状を捉える。
臨床編は、総論(27項目)・移植合併症(17項目)・疾患各論(19項目)と更に充実。
専門医のみならず、移植に関わるスタッフにもオススメしたい一冊!
主な内容
Ⅰ 基礎編
1.造血幹細胞
2.造血幹細胞移植分野におけるES・iPS細胞を用いた再生医療の試み
3.間葉系幹細胞
4.HLAとマイナー抗原
5.T細胞と免疫細胞
6.NK細胞の役割
7.GVHDの発症機序
8.GVHDの動物モデル
9.GVL効果の発症機序
10.大量化学療法の考え方
11.放射線療法の考え方
12.免疫抑制薬の種類と使い方
13.自家造血幹細胞移植における腫瘍細胞除去
14.生着の判定とキメリズム解析
15.微小残存病変の検出とその意義
16.移植後免疫回復の評価
17.造血幹細胞移植(HSCT)に関わる病理学
18.造血幹細胞移植領域の統計
19.移植診療における倫理

Ⅱ 臨床編
 a 総論
1.造血幹細胞移植の歴史
2.患者の移植前評価
3.ドナーの選択順位
4.日本骨髄バンクの現状
5.日本国内の臍帯血バンクの現状
6.移植コーディネーターの役割
7.骨髄移植と末梢血幹細胞移植の比較
8.自家・同種骨髄・末梢血幹細胞の採取方法,ドナーの安全管理
9.造血幹細胞の凍結保存と輸注
10.造血幹細胞移植患者に対する輸血
11.移植前処置の実際
12.全身放射線照射の実際
13.ミニ移植の基本的背景と臨床応用
14.HLA不適合移植の基礎的背景と  臨床応用
15.HLA抗体と生着不全
16.臍帯血移植の基礎的背景と臨床応用
17.移植患者の環境管理
18.移植患者の看護
19.造血幹細胞移植患者に対する口腔ケア
20.薬物血中濃度測定
21.栄養管理,輸液管理-造血幹細胞移植患者における栄養療法-
22.痛みのマネジメント
23.移植後のワクチン接種
24.移植患者の心理的サポート
25.セクシュアリティに関するカウンセリング
26.移植前後のリハビリテーション
27.移植後長期フォローアップ
 b 移植合併症
1.急性GVHD
2.慢性GVHD
3.細菌・真菌感染症
4.サイトメガロウイルス(CMV)感染症
5.単純ヘルペス,水痘・帯状疱疹ウイルス感染症
6.移植後EBウイルス関連リンパ増殖性疾患
7.ヘルペス科以外のウイルス感染症,ニューモシスティス感染症
8.中枢神経合併症(HHV-6脳症を含む)
9.非感染性呼吸器合併症
10.心合併症
11.肝・消化器合併症
12.腎合併症
13.血栓性微小血管症
14.小児移植患者の晩期合併症
15.造血幹細胞移植後の晩期合併症
16.生着不全の危険因子と生着不全に対する治療
17.移植後再発の予防と治療
 c 疾患各論
1.成人急性骨髄性白血病に対する移植
2.成人急性リンパ性白血病に対する移植
3.成人骨髄異形成症候群に対する移植
4.成人慢性骨髄性白血病に対する移植
5.成人慢性リンパ性白血病に対する移植
6.骨髄増殖性腫瘍に対する移植
7.多発性骨髄腫およびアミロイドーシスに対する移植
8.成人T細胞白血病/リンパ腫に対する移植
9.濾胞性リンパ腫に対する移植
10.アグレッシブB細胞リンパ腫に対する移植
11.T/NK細胞腫瘍に対する移植
12.ホジキンリンパ腫に対する移植
13.成人固形腫瘍に対する移植
14.自己免疫疾患に対する移植
15.再生不良性貧血に対する移植
16.小児急性白血病に対する造血幹細胞移植
17.小児固形腫瘍に対する移植
18.慢性活動性EBウイルス感染症に対する移植
19.免疫不全症


▲このページの上へ