トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ
医学書シリーズ目録

ガイドラインサポートハンドブックシリーズ
みんなに役立つシリーズ
■このシリーズ書をすべて表示■
みんなに役立つGVHD(移植片対宿主病)の基礎と臨床
みんなに役立つ 悪性リンパ腫の基礎と臨床 改訂版
みんなに役立つ乳癌の基礎と臨床
みんなに役立つ多発性骨髄腫の基礎と臨床
みんなに役立つ白血病の基礎と臨床
ナースのためのハンドブックシリーズ
疾患のマネジメントシリーズ
インフォームドコンセントのための図説シリーズ
服薬指導Q&Aシリーズ
患者さんのためのやさしい疾患の自己管理シリーズ
みんなに役立つ多発性骨髄腫の基礎と臨床
みんなに役立つ多発性骨髄腫の基礎と臨床 序文を見る


国立病院機構名古屋医療センター院長 堀田知光 編


B5判 336頁
定価(本体 4,900円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2322-0 C3047
2008年8月発行
● 多発性骨髄腫の基礎・臨床から、合併症、QOL、インフォームド・コンセントのあり方まで言及した、医療従事者必携の解説書!
● 多発性骨髄腫の成り立ち、病期分類、予後因子の知見のほか、分子標的薬の開発動向についての最新情報も網羅。
● 看護や患者のサポートについて「患者の会」の生の声も収載。多発性骨髄腫をより深く理解したい患者とその家族の要望にも応える1冊。

主な内容
I. 多発性骨髄腫の病態
 1.多発性骨髄腫の疾患概念と疫学
 2.骨髄腫の染色体・遺伝子異常
 3.骨髄腫細胞の増殖機序
 4.骨病変の分子機序

II. 多発性骨髄腫の診断と予後
 1.臨床症状・症候
 2.検査所見
 3.診断
 4.病期分類,予後因子,予後マーカー

III. 多発性骨髄腫の治療
 1.病名告知とインフォームド・コンセント
 2.治療の進め方・ガイドライン
 3.化学療法
 4.造血幹細胞移植

 5.分子標的薬
  a)ボルテゾミブ
  b)サリドマイド
 6.レナリドマイド
 7.新規治療薬の開発状況
 8.形質細胞白血病の最新治療
 9.効果判定

IV. 合併症とその対策
 1.支持療法
 2.腫瘍随伴症状としての合併症とその対策
 3.二次性(治療関連)悪性腫瘍とその対策
 4.長期生存におけるQOL

V. 看護とサポート
 1.多発性骨髄腫患者の看護
 2.患者のサポート



▲このページの上へ