トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ
医学書シリーズ目録

ガイドラインサポートハンドブックシリーズ
みんなに役立つシリーズ
ナースのためのハンドブックシリーズ
疾患のマネジメントシリーズ
インフォームドコンセントのための図説シリーズ
服薬指導Q&Aシリーズ
患者さんのためのやさしい疾患の自己管理シリーズ
■このシリーズ書をすべて表示■
やさしい脂質異常症の管理
やさしい多発性硬化症の自己管理 改訂版 -よりよい毎日を過ごすためのQ&A-
やさしい生活習慣病の自己管理 改訂3版
やさしいがんの痛みの自己管理 改訂4版
東大病院 糖尿病教室
やさしい慢性腎臓病の自己管理 改訂4版
やさしい膵・胆道がん外来化学療法の自己管理
やさしいアレルギー性鼻炎の自己管理 改訂版
やさしい膵・胆道がん外来化学療法の自己管理
やさしい膵・胆道がん外来化学療法の自己管理 序文を見る


杏林大学医学部内科学腫瘍内科教授 古瀬純司 編著


A4判 144頁
定価(本体 3,400円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2667-2 C0047
2014年5月発行
わが国の死因第一位を占める「がん」。特に、膵がんは約29,000人、胆道がんは約20,000人の新規患者が毎年発生する。
早期診断が難しく、手術不能の状態で発見されることも多い膵・胆道がん。その治療の正否の鍵を握るものこそ、適切な化学療法!
「がん」をよく知り、うまくコントロールしていくために-。抗がん剤の解説、副作用に対する心構えや注意点と対策、手術後の注意から食事に至るまで幅広く解説。さらに医療費や臨床試験についても、各領域の専門家が最新の情報をもとに言及!
主な内容
Ⅰ.がん治療について

Ⅱ.膵・胆道がんの特徴
 1.膵がんについて
 2.胆道がんについて
 3.治療方針をどう決めるか
  ~化学療法の役割と位置付け~

Ⅲ.膵・胆道がんの標準化学療法の治療方法
 1.膵がん
  1)概要
  2)FOLFIRINOX療法
  3)ゲムシタビン単独療法
  4)ゲムシタビン+エルロチニブ療法
  5)S-1単独療法
 2.胆道がん
  1)概要
  2)ゲムシタビン+シスプラチン療法
  3)ゲムシタビン+S-1療法
  *胆道がんのゲムシタビン単独療法については,膵がんの項参照

Ⅳ.主な抗がん剤の特徴と注意点
  1)ゲムシタビン
  2)S-1(エスワン)
  3)シスプラチン
  4)オキサリプラチン
  5)イリノテカン
  6)エルロチニブ

Ⅴ.主な副作用と自宅での対応
 1.副作用一般に対する心構え
 2.主な副作用と生活上の注意点
  1)悪心、嘔吐、食欲不振
  2)下痢・便秘
  3)白血球減少・感染症、血小板減少、貧血
  4)口内炎
  5)しびれ
  6)皮膚障害
  7)倦怠感
  8)脱毛
  9)性機能障害
 3.緊急時の対応

Ⅵ.外来化学療法の実際

Ⅶ.その他
 1.膵・胆道がん手術後の注意点
 2.化学療法中の食事について
 3.医療費の負担について
 4.臨床試験について


▲このページの上へ