トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■書籍一覧(年月別)■

インフォームドコンセントのための図説シリーズ 肝炎ウイルス-B型・C型
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 肝炎ウイルス-B型・C型 序文を見る


虎の門病院分院長兼肝臓センター長 熊田博光 編


A4変型判 140頁
定価(本体 4,800円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2573-6 C3047
2012年8月発行
インターフェロン製剤やプロテアーゼ阻害剤の治療効果、副作用の問題、あるいは新たな遺伝子診断の登場など、インフォームドコンセントがますます重視される肝炎ウイルス治療。患者・家族が疾患への理解を深めるために最適の書。
B型・C型肝炎の診断から最新の治療法まで、第一線の執筆陣により最新情報を網羅。図・表・写真を駆使して、わかりやすく解説!
B型・C型肝炎の治療に携わる医師、コメディカルにとって必読の一冊!
主な内容
Ⅰ.B型肝炎
  1.B型肝炎の病因と発症機序
  2.B型肝炎の診断
  3.急性B型肝炎/劇症肝炎の最近の動向
  4.B型慢性肝炎の経過と予後
  5.B型肝炎の抗ウイルス療法
   1)ガイドライン
   2)インターフェロン
   3)核酸アナログ(ラミブジン/アデホビル/
     エンテカビル/テノホビル)
   4)シークエンシャル(sequential)療法
  6.B型肝炎の肝発癌と発癌予防
  7.Occult HBV感染とその対応

Ⅱ.C型肝炎
  1.C型肝炎の病因と発症機序
  2.C型肝炎の診断
  3.C型肝炎の経過と予後
  4.C型肝炎の抗ウイルス療法
   1)ガイドライン
   2)ペグインターフェロン/リバビリン併用療法
   3)プロテアーゼ阻害剤併用療法
   4)高齢者へのインターフェロン治療
   5)治療成績向上を目指した工夫
     (フルバスタチン併用・Response-Guided Therapy)
  5.C型肝炎の肝発癌と発癌抑制
    (インターフェロン少量/ウルソ/SNMC/BCAAなど)

Ⅲ.肝癌・その他
  1.肝癌の早期診断
  2.肝癌の治療
  3.肝臓領域の遺伝子解析の有用性
     (IL28B/ITPA/DEPDC5/MICAなど)
  4.インターフェロン治療中の注意点/副作用
  5.慢性肝疾患の栄養療法


▲このページの上へ