トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■書籍一覧(年月別)■

これだけは知っておきたい 胃がん外来化学療法へのアプローチ
これだけは知っておきたい 胃がん外来化学療法へのアプローチ 序文を見る


静岡県立静岡がんセンター胃外科部長 寺島雅典 編


A4判 124頁
定価(本体 3,600円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2785-3 C3047
2016年2月発行
抗がん剤、支持療法の飛躍的進歩に伴い、胃がんの化学療法も“外来”の時代へ。外来化学療法の実施にあたり必須の知識を、専門医がやさしく解説。
主要なレジメンを網羅し、具体的な投与スケジュールや副作用対策をコンパクトに収載。ベッドサイドで役立つ情報が充実!
胃がん外来化学療法の入門書として、すべての医療従事者、ならびに患者さんとそのご家族にもおすすめの一冊。
主な内容
Chapter1 病態の特徴と化学療法の基本事項
 1.胃がんについて
 2.化学療法の種類と適応
 3.外来化学療法について

Chapter2 切除不能・再発がんに対する化学療法
 1.標準治療
 2.代表的なレジメン
  ① SP療法
  ② XP+Tmab併用療法
  ③ SOX療法、CapeOX療法
  ④ wPTX+RAM併用療法
  ⑤ wPTX療法(PTX単剤療法)
  ⑥ nab-PTX単剤療法
  ⑦ DOC単剤療法
  ⑧ CPT-11単剤療法
 3.今後期待される治療法
Chapter3 術前・術後補助化学療法
 1.標準治療
 2.今後期待される治療法

Chapter4 副作用対策
 注意すべき主な副作用とその対処法、自己管理指導のポイント

Chapter5 緩和医療と代替療法
 1.緩和医療
 2.代替療法

Chapter6 外来化学療法の実際(看護師の視点から)
 1.外来化学療法室で安全に治療するためのポイント
 2.緊急時の対応


▲このページの上へ