トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■書籍一覧(年月別)■

多発性骨髄腫Updating 第9巻 治療抵抗性の克服に向けて ~第二世代PIから次々世代薬まで~
多発性骨髄腫Updating 第9巻 治療抵抗性の克服に向けて ~第二世代PIから次々世代薬まで~ 序文を見る


日本骨髄腫学会前理事長/独立行政法人国立病院機構 東名古屋病院血液・腫瘍内科 清水一之 編集委員長
徳島大学大学院医歯薬学研究部 血液・内分泌代謝内科学分野教授 安倍正博 編集委員
独立行政法人 地域医療機能推進機構 京都鞍馬口医療センター・血液内科部長/副院長 島崎千尋 編集委員
日本赤十字社医療センター 骨髄腫・アミロイドーシスセンター長 鈴木憲史 編集委員
新潟県立がんセンター新潟病院・臨床部長 張 高明 編集委員


B5判 244頁
定価(本体 4,600円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2811-9 C3047
2016年7月発行
新たなPI薬(プロテアソーム阻害薬),IMiDs(免疫調節薬)に加え,抗体医薬等の臨床試験も進む骨髄腫治療。選択肢が増えるなか,骨髄腫を正しく診断・治療できる医師の育成を目指す,待望のシリーズ書籍 第9巻!
治療効果判定にも影響を与えるようになった治療薬の進歩。stringent CR(完全寛解)よりさらに深いレベルである微小残存病変陰性を目指した治療も可能に!
延命から治癒を目指すことも可能な次世代,次々世代の骨髄腫治療薬を探る1冊!
PI…プロテアソーム阻害薬
主な内容
Ⅰ.次世代新規薬剤の開発
 1.新免疫調節薬:ポマリドミド~最近の治験から~
 2.HDAC阻害薬:パノビノスタット
 3.新型プロテアソーム阻害薬
  1)カルフィルゾミブ
  2)Ixazomib
 4.抗体医薬
  1)ヒト抗CS-1/SLAMF7抗体:Elotuzumab
  2)抗CD38抗体:Daratumumab
  3)Bispecific T-cell engager(BiTE)
 5.免疫療法
  1)免疫チェックポイント阻害薬~抗PD-1抗体,抗PDL-1抗体の臨床~
  2)CART療法~難治性骨髄腫に対するキメラ抗原受容体発現Tリンパ球を用いた養子免疫遺伝子療法~
  3)TCR-engineered T cell療法
 6.現在開発中の次々世代薬オーバービュー
  1)Melflufen / 2)Ulocuplumab
  3)Morizomib,Filanesib
  4)Ricolinostat,Indatuximab ravtansine

Ⅱ.新規薬剤の新たな展開
 1.レナリドミド;初発での使用
 2.初発骨髄腫に対する
  MPT療法の臨床エビデンス
 3.New bone modifying agents

Ⅲ.Older adult Oncology


▲このページの上へ