トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

■書籍一覧(年月別)■

多発性骨髄腫Updating 第10巻 骨髄腫治療を理解するためのMyeloma Biology
多発性骨髄腫Updating 第10巻 骨髄腫治療を理解するためのMyeloma Biology 序文を見る


日本骨髄腫学会前理事長/独立行政法人 国立病院機構 東名古屋病院血液・腫瘍内科 清水一之 編集委員長
徳島大学大学院医歯薬学研究部 血液・内分泌代謝内科学 教授 安倍正博 編集委員
独立行政法人 地域医療機能推進機構 京都鞍馬口医療センター 院長 島崎千尋 編集委員
日本赤十字社医療センター 骨髄腫・アミロイドーシスセンター センター長 鈴木憲史 編集委員
新潟県立がんセンター新潟病院 臨床部長 張 高明 編集委員


B5判 208頁
定価(本体 4,200円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2841-6 C3047
2017年5月発行
骨髄腫を正しく診断・治療できる医師の育成を目指す、待望のシリーズ書籍 第10巻!
第10巻では、治療の理解・基礎研究の遂行に必要とされる“Myeloma Biology”を、多面的に分かりやすく解説。
治療パラダイムが今後さらに大きく変わろうとしている骨髄腫。その一足先へ-必読の一冊!
主な内容
Ⅰ.骨髄腫の病因
 1.正常形質細胞の分化と骨髄腫の発がん分子機序
 2.骨髄腫幹細胞

Ⅱ.骨髄腫の進行をもたらす骨髄腫細胞の分子病態
 1.細胞遺伝学的異常
 2.エピジェノム
  1)メチル化、脱メチル化
  2)脱アセチル化
 ここに注目!:Bromodomainおよびその阻害薬
 3.microRNA,circulating microRNA
 ここに注目!:Long non-coding RNA(lncRNAs)
 4.骨髄腫内クローンと進展
 5.表面形質 マルチカラーフローサイトメトリー
 ここに注目!:多発性骨髄腫におけるcirculating plasma cell とその意義
 6.生存・増殖シグナル
 ここに注目!:肝細胞増殖因子(HGF)およびその受容体c-MET
 7.骨髄腫細胞におけるプロテアソーム阻害と小胞体ストレス・オートファジーの誘導

Ⅲ.骨髄腫を育む骨髄微小環境
 1.腫瘍免疫の抑制
 2.骨髄微小環境と多発性骨髄腫細胞
 3.Hypoxia,血管新生 VEGFほか
 4.骨病変と腫瘍進展


▲このページの上へ