トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内 好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ
医師と患者・家族をつなぐうつ病のABC ~早期発見・早期治療のために~
医師と患者・家族をつなぐうつ病のABC ~早期発見・早期治療のために~

予約注文手続きへ


国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター名誉理事長/一般社団法人日本うつ病センター理事長 樋口輝彦 編

B5判 144頁
定価(本体 3,400円+税) 送料実費
ISBN978-4-7532-2856-0 C3047
早期発見・早期治療がカギとなる“うつ病”。日常診療において見逃されやすいこの疾患における現状と治療のポイント、家族・周囲が行うサポートについて幅広く解説!
基本的な情報から治療、再発防止やライフステージ別の特徴まで、うつ病に関して知っておきたい内容を、図表・イラストを用いて詳述。
早期発見・診断・治療をめざし、疾患に接する一般診療医と精神科医が連携を深めるための一助として、また、患者本人や家族、産業医などにも参考になる、役立つ一冊!
主な内容
Ⅰ.うつ病を知る
 1.うつ病とはどのような病気?
 2.うつ病はどうして起きるのか?

Ⅱ.診断のコツ
 1.うつ病の診断方法
 2.うつ病によく似た病気

Ⅲ.治療のコツ
 1.うつ病治療の基本原則
 2.うつ病の薬物療法の基本
 3.抗うつ薬の種類と使い方
 4.うつ病で使用される薬
Ⅳ. 社会復帰に向けて
 1.十分な休養のポイント
 2.家族や周囲のサポートのコツ
 3.うつ病の回復期の過ごし方
 4.復職や社会復帰
 5.うつ病の再発防止

Ⅴ. ライフステージ別のうつ病の特徴
 1.子どものうつ病
 2.妊娠、産後のうつ病
 3.高齢者のうつ病


▲このページの上へ