トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

Hypertension Frontier 2003 Vol.6

P22~28

レポート I 基 礎

心血管系疾患と尿酸

東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科教授 細谷龍男(Hosoya Tatsuo)

                                                         
Summary

 多くの研究者が痛風,高尿酸血症に心筋梗塞,脳血管障害など血管障害に基づく合併症が認められることを報告している。最近の報告では血清尿酸(SUA)が心血管障害の独立した危険因子であるとする報告が多いが,必ずしも意見の一致をみているわけではない。その原因として痛風,高尿酸血症に高脂血症,高血圧,耐糖能異常などが高率に合併しやすく,互いに密接に関連して動脈硬化を促進しているためと考えられる。これらの問題点を十分に解決するためには,尿酸自体の血管障害の機序を明らかにする必要がある。

Key Words 	 高尿酸血症
	 痛風
	 尿酸
	 心血管疾患
	 multiple risk factor syndrome

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ