トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

Hypertension Frontier 2003 Vol.6

P79~90

レポート II 臨 床

高齢者における高血圧治療(高齢化社会に貢献する治療とは)

自治医科大学循環器内科講師 苅尾七臣( Kario Kazuomi)
自治医科大学循環器内科助手 江口和男(Eguchi Kazuo)
自治医科大学循環器内科助手 星出聡(Hoshide Satoshi)
自治医科大学循環器内科教授 島田和幸(Shimada Kazuyuki)

                                                         
Summary

 わが国では,急速に高齢化が進んでおり,高齢者高血圧患者は増加の一途をたどっている。この日本の高齢化社会に貢献する高血圧治療には,脳卒中の発症抑制に加えて,痴呆進展や転倒など予防し,日常生活活動度(ADL)や生活の質(QOL)を維持することが重要である。高齢者の高血圧患者は,臓器障害や合併症を有することが多く,降圧薬に対する反応性にも個人差が大きい。高齢者高血圧の降圧療法には高血圧ガイドラインを参考にしたうえで,さらに各々の患者の病態に応じた個別療法が重要であろう。

Key Words 	 高齢者高血圧
	 脳卒中
	 無症候性脳血管障害
	 認知機能
	 血圧変動

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ