トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2008年11月号(Vol.18 No.11)

P18(1560)~23(1565)

特集 運動器不安定症の臨床 Review

運動器不安定症の診断基準

Diagnosis of musculoskeletal ambulation disability symptom complex(MADS).

日本医科大学整形外科 伊藤博元(Hiromoto Ito)

                                                         
Summary

運動器不安定症の定義は,高齢化により,バランス能力および移動歩行能力の低下が生じ,閉じこもり,転倒リスクが高まった状態とされている。運動器不安定症の診断は,11の運動器疾患の既往と罹患に加えて,機能評価基準をみたす事と規定されている。ここでは,診断基準と機能評価基準の中で開眼片脚起立時間と3 m Timed up and go testの具体的な実施方法,注意点などについて解説した。


It was described to diagnosis of Musculoskeletal Ambulation Disability Symptom Complex(MADS). The definition of MADS is an person of advanced years with lower leveled balance and walking ability, high risk for fall, and who is keeping to the house. The diagnosis of MADS was decided to a history of 11 musculoskeletal disorders and evaluation of balanced and walking function. The determination method of time of one leg standing and 3 m timed timed up and go test were described.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ