トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2008年11月号(Vol.18 No.11)

P32(1574)~38(1580)

特集 運動器不安定症の臨床 Seminar

運動器不安定症の要因としての変形性膝関節症

Osteoarthritis of the knee joint:as a cause of musculoskeletal ambulation disability symptom complex(MADS).

済生会新潟第二病院整形外科 速水正(Tadashi Hayami)

                                                         
Summary

変形性膝関節症(膝OA)は関節軟骨,半月板,靭帯などの膝関節を構成する組織の慢性退行性増殖性疾患である。わが国においてX線上膝OAと診断されるのは約1,000万人と言われ,現在も増加傾向にある。膝OAの自然経過,病態生理には不明な点が多く,病勢を抑制する治療法は確立されておらず,保存治療では対症療法が行われている。外科的治療では,高位脛骨骨切り術や人工関節置換術などが行われ,最近10年で手術件数は約2倍に増加しているがさまざまな合併症の報告もある。膝OAによる関節の痛み,次第に進行する関節の変形による歩行障害は,日常生活動作(activities of daily living:ADL)を困難とし運動器不安定症の一因となっており,今後も患者教育,薬物療法,理学療法,外科的治療などの発展が期待される。


Osteoarthritis is considered as a chronic disease of the whole joint, including articular cartilage, meniscus, ligament, and peri-articular muscle that may result from multiple pathophysiological mechanisms. Osteoarthritis is a painful and disabling disease that affects millions of patients. Its aetiology is largely unknown, but is most likely multi-factorial. No proven disease-modifying therapy exists for osteoarthritis and current treatment options for chronic osteoarthritic pain are insufficient, but new pharmacotherapeutic options are emerging. Surgical treatment, such as high tibial osteotomy and total knee arthroplasty are chosen for the patient who have severe pain and disabled patient. In recent 10 years, operation cases are increasing in number, but these procedure still have many issues to resolve. Osteoarthritis of the knee joint is one of a major cause of Musculoskeletal Ambulation Disability Symptom Complex(MADS),and it is important to improve conservative and surgical treatment.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ