トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2008年11月号(Vol.18 No.11)

P39(1581)~45(1587)

特集 運動器不安定症の臨床 Seminar

運動器不安定症の要因~加齢に伴う運動器の変化から~

Risk factors of musculoskeletal ambulation disability symptom complex(MADS).~Frequent falls and sarcopenia according to aging~

東京都老人総合研究所 鈴木隆雄(Takao Suzuki)

                                                         
Summary

運動器不安定症は運動機能低下をもたらす疾患を背景として,生活機能が事実上低下し,また歩行能力とバランス能力の低下した状態と定義されている。この運動器不安定症をもたらす原因としては骨粗鬆症や変形性関節症等の疾患以外にも長期臥床後の運動器の廃用や,頻回に転倒を生ずる高齢者もまた(広い概念として)含まれている。本稿では特に転倒とサルコペニアに焦点をあて概説した。転倒あるいはサルコペニアはいずれも運動介入によって改善することが,多くの RCT(randomized controlled trial)やメタアナリシスによって確認されている。また最近では,筋肉にもビタミンD受容体(VDR)のあることが知られ,転倒,そしておそらくサルコペニアに対しても有効な栄養素として再認識されている。


Frequent falls, disused atrophy or sarcopenia, as well as osteoporosis and osteoarthritis, are commonly found and the major risk factors for musculoskeletal ambulation disability symptom complex(MADS)among the elderly. In this article, focusing on the frequent falls and sarcopenia, the author is dealing with exercise interventions for prevention of these conditions among the community-dwelling elderly by reviewing recent articles of randomized controlled trials(RCTs)and meta-analysis. He also introduces recent findings on the relationship between serum vitamin D concentration and falls or sarcopenia among the elderly, which well be one of the effective treatment for those frail conditions.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ