トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2008年11月号(Vol.18 No.11)

P46(1588)~51(1593)

特集 運動器不安定症の臨床 Topics

認知症と転倒

Falls in patients with dementia.

東京大学医学部附属病院老年病科 山口潔(Kiyoshi Yamaguchi)

                                                         
Summary

認知機能低下の存在は転倒,骨折のリスクを2~3倍に増大させる。一見,初期には運動障害を伴わないアルツハイマー型認知症でも転倒のリスクは高く,認知症の中核症状の一つである遂行機能障害のうち注意の分散機能の障害の関与が報告されている。レビー小体型認知症では,転倒が多いことが疾患の特徴ともなっており,パーキンソンニズム以外の多様なメカニズムも想定される。認知症の周辺症状も転倒に関与し,介入対象となる。認知症患者のより深い理解に基づいた転倒の予防法の確立は,今後の重要な課題である。


People with cognitive impairment are at about 2 to 3 times higher risk of falling compared with cognitively intact elderly. Incidence of falls among patients with Alzheimer's disease(AD)is high, nevertheless the clinical feature common in patients with mild to moderate AD is the absence of motor impairment. Recent studies suggest that the divided attention markedly impairs the ability of patients with AD to regulate the gait. Falls are particularly common in Dementia with Lewy bodies(DLB)patients and may aid diagnosis, and the falls are associated with parkinsonism and other unclear factors. Treatment studies evaluating fall reduction strategies in dementia patients are a priority.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ