トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2008年11月号(Vol.18 No.11)

P58(1600)~67(1609)

特集 運動器不安定症の臨床 Therapy and Prevention

転倒予防

Falls prevention.

東京大学大学院教育学研究科身体教育学講座 武藤芳照(Yoshiteru Mutoh)
水と健康スポーツ医学研究所 太田美穂(Miho Ohta-Fukushima)
九州大学病院リハビリテーション部 高杉紳一郎(Shin-ichiro Takasugi)
信州大学医学部保健学科 征矢野あや子(Ayako Soyano)

                                                         
Summary

高齢者の転倒は,主に加齢,運動不足,身体的・精神的疾患の複合の結果として起き,骨折等の外傷をもたらす。高齢者の身体機能の低下と転倒恐怖の両面から「転びやすさ」を評価することが必要である。転倒予防のための運動プログラムとしては,バランス訓練を含む総合的な運動が有効であり,運動中の転倒・骨折の防止への安全配慮に注意しなければならない。また,薬剤の点検と服薬指導,環境・構造面の点検と改善,ビタミンDの生合成を促す日光浴や散歩の奨励等,多面的で持続可能な対応が重要である。今後,認知症と転倒との関連,前立腺がんのホルモン療法に伴う転倒の予防についての検討が求められている。


Falls among the elderly mainly result from aging, lack of exercise, and physical and/or mental disorders. They cause fractures and other injuries. It is necessary that likelihood of falling should be evaluated from the view point of both decreased physical function and fear of falling. General exercise including balance training is considered to be most effective to reduce falls.
 We must take good care not to cause falling and resultant fracture due to exercise of falls prevention program. Many sided intervention, including a check and counseling on medication and environmental improvement, walking in the sunshine, which stimulates vitamin D biosynthesis and so on, are needed.
 Further studies on falls prevention among the elderly with dementia and males receiving hormonal therapy with prostatic cancer are necessary.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ