トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2008年11月号(Vol.18 No.11)

P69(1611)~73(1615)

特集 運動器不安定症の臨床 Therapy and Prevention

運動療法

Therapeutic exercise.

秋田大学医学部神経運動器学講座整形外科学分野 宮腰尚久(Naohisa Miyakoshi)

                                                         
Summary

高齢者の身体運動機能障害は,筋力や持久力の低下,バランス能力や柔軟性の低下,反応性や協調運動性の低下などの要因によって生じる。近年,これらの要因を改善するためのさまざまな運動療法の研究成果が蓄積されてきている。筋力訓練は高齢者においても有効であり,なかでも適切な負荷を与えて行うレジスタンストレーニングは,高齢者の筋力を増強させるとともに,有酸素能力も向上させ得る。しかし,レジスタンストレーニングが身体運動機能障害の要因すべてに対して有効であるかどうかについては不明な点も多い。わが国では,パワーリハビリテーションが高齢者の身体運動機能の改善に有効であると考えられている。


Physical disability in older people is characterized by declines in multiple domains including strength, balance, flexibility, reaction time, coordination, and muscular endurance. Evidence that therapeutic exercises can reduce physical disability is accumulating. Muscle strength can be improved in older people, particularly if their muscles are significantly overloaded by training exercises. Progressive resistance strength training(PRT)improves muscle strength and aerobic capacity in older people. However, the effect of PRT on their overall physical disability is still unclear. In Japan, power rehabilitation program is believed to be effective in improving their physical activities.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ