トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2010年3月号(Vol.20 No.3)

P74(380)~81(387)

特集 SERMと骨 Topics

性同一性障害者の骨代謝変化 ~男性骨粗鬆症にSERMが有効か~

Effects of SERMs on bone health. Changes in bone metabolism in cases of gender identity disorder.

埼玉医科大学整形外科・脊椎外科・講師/埼玉医科大学かわごえクリニック骨粗鬆症外来 宮島剛(Tsuyoshi Miyajima)

                                                         
Summary

 身体の性別と違う異性の性ホルモンが骨代謝に及ぼす影響を調べる目的で,性同一性障害とクラインフェルター症候群患者の骨代謝機能を調査した。エストロゲンを使用した男性では,骨吸収抑制と骨密度(bone mineral density:BMD)高値が観察され,精巣切除後も同様であったが,テストステロン(testosterone:T)を使用した女性ではこれらが観察されず,卵巣切除後は骨吸収亢進とBMD低値が観察された。クラインフェルター症候群の男性でも,エストロゲンの作用がTを上回った。男性特発性骨粗鬆症では,エストロゲン値が低値であった。従って,男性,女性とも骨代謝にはエストロゲンがT以上に大きく関与すると考えられ,このことは,男性骨粗鬆症に対する選択的エストロゲン受容体作動薬(selective estrogen receptor modulator:SERM)の有効性を示唆するものと考えられる。


 The aim of this study is that to investigate the influence of the sex hormones of different genders on adjustments for their bone metabolism. we retrospectively investigated changes in bone metabolism in patients with gender identity disorder and Klinefelter's Syndrome. In the patients who had been reassigned from male to female, we observed suppression of bone resorption and increment of BMD, and in the patients who had been reassigned from female to male, we observed acceleration of bone resorption and diminution of BMD. This indicates that estrogen is more important than testosterone for male and female bones and the efficacy of testosterone for female bones does not compensate for a shortage of estrogen. This result may suggest that SERM is also effective for male osteoporosis.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ