トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2012年9月号(Vol.48 No.9)

P13(2099)~15(2101)

シリーズ これだけは知っておきたい皮膚疾患の服薬指導 21

伝染性軟属腫(水いぼ)

東京逓信病院皮膚科部長 江藤隆史
東京逓信病院副薬剤部長 大谷道輝

                                                         
Summary

疾患概念
 ポックスウイルス科に属する伝染性軟属腫ウイルス(MCV:molluscum contagiosum virus)による皮膚感染疾患であり,幼少児に好発する。プールなどで,肌を露出して人と接触する機会に感染することが多い。皮膚のバリア機能が低下した状態で感染しやすく,従ってアトピー性皮膚炎患者の合併症の1つとなっている。四肢屈側や体幹の柔らかめの皮膚表面に,皮膚自覚症状のない正常皮膚色から淡紅色あるいは白色調の小さな腫瘤(丘疹)が多発集簇する。性行為感染症(STI:sexually transmitted infection)として,成人の外陰部にも発症することがある。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ