トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2012年9月号(Vol.48 No.9)

P67(2153)~69(2155)

特集 国民皆保険制度の現在と未来

1.国民皆保険制度50周年を迎えて

国際医療福祉大学・総長 矢﨑義雄

                                                         
Summary

 医療機関へのフリーアクセスを保障したわが国の国民皆保険制度は,50年の歴史の中で,世界一の長寿国となり,国民は健康を享受するとともに,安心社会が実現して経済発展の基盤になっていた。ところが,最近の経済のグローバル化による産業の空洞化からの経済成長の停滞と雇用不足,加えて急速に進展する人口の少子高齢化に伴い,年金,医療を中心とした社会保障費の急増による給付と負担のアンバランスが大きくなり,世界に誇る国民皆保険制度の持続が危惧されている。そこで,社会保障と税の一体改革により,わが国の社会と財政の持続可能性について国民全体で問題を理解し,課題を解決していかなければならない。
 今,行政,政治家そして専門家のリーダーシップが問われている。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ