トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 2012年9月号(Vol.48 No.9)

P95(2181)~99(2185)

国民皆保険制度の現在と未来

6.国民皆保険制度と診療報酬体制

社会保険中央総合病院・名誉院長 齊藤寿一

                                                         
Summary

 わが国の国民皆保険制度は,国民の健康寿命が延長したことからも分かるように,国際的に見ても優れた制度として評価されている。しかしながら,その骨格を形成する診療報酬体系については,改善されるべき課題が少なくない。手術以外の医師の医療技術を診療報酬に反映させる保険点数のあり方については,特に内科系医師から改善を求める声が少なくない。問診,診察あるいは診断といった医療手技や,診療における知的活動を適切に評価することは,医学教育や臨床研修を育むわが国の医療環境としても極めて重要であると考えられる。診療報酬への反映を念頭に,主要な疾患のいくつかについて,入院医療における技術評価の試案を作成した。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ