トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2003年3月号(Vol.13 No.3)

P45(285)~49(289)

特集 腎性骨異栄養症 最新の進歩 Seminar

RODとビタミンD

Renal osteodystrophy and vitamin D

国保日高総合病院 懸高昭夫(Akio Kaketaka)
和歌山県立医科大学血液浄化センター 秋澤忠男(Tadao Akizawa)

                                                         
Summary

慢性腎不全に伴う活性型ビタミンDの低下は骨カルシウム代謝異常(ROD)の主要な原因である。RODの予防と治療には活性型ビタミンDの補充が不可欠で,近年新しいビタミンDアナログや副甲状腺内直接注入療法など治療法の長足の進歩が認められる。今後,これら治療法のROD管理への貢献が期待される。


Vitamin D deficiency is one of major pathogeneses of renal osteodystrophy(ROD). Vitamin D deficiency produces osteitis fibrosa via secondary hyperparathyroidism and osteomalacia via hypocalcemia. To prevent and treat ROD, vitamin D supplementation is an inevitable tool. Recent progresses of vitamin D therapy including development of new vitamin D analogues and direct injection to parathyroid gland will contribute to the successful treatment of ROD.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ