トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2003年3月号(Vol.13 No.3)

P50(290)~54(294)

特集 腎性骨異栄養症 最新の進歩 Seminar

PTXと骨組織

Impact of parathyroidectomy on bone histology

東和病院泌尿器科 矢島愛治(Aiji Yajima)
東和病院外科 稲生綱政(Tsunamasa Inou)
琉球大学医学部泌尿器科 小川由英(Yoshihide Ogawa)

                                                         
Summary

二次性副甲状腺機能亢進症症例に,副甲状腺全摘除術および一部自家移植術を行い術後の骨組織変化を検討した。術後4週目には線維組織が残存するものの低回転型の骨軟化症が発症しており,破骨細胞はほぼ消失した。術後12週目には線維組織も消失した。術後,1年目の骨組織では血清PTH値が著明な低値であっても骨吸収が先行する例があり,長期的な骨塩量の低下に注意が必要と思われた。


Impacts of total parathyroidectomy and autotransplantation on bone histology were evaluated in secondary hyperparathyroidism. Low turnover bone disease accompanied with fibrous tissue developed at 4 weeks after surgery, and osteoclasts disappeared. In addition, fibrous tissue also disappeared at 12 weeks. Even though serum PTH level indicated quite low in some cases, bone resorption exceeded bone formation at 1 years after surgery. So we should pay special attention to the decrease in bone mineral density in the long term in these cases.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ