トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2003年3月号(Vol.13 No.3)

P55(295)~58(298)

特集 腎性骨異栄養症 最新の進歩 Seminar

腎臓移植と骨

Kidney Transplantation and Bone

新潟大学医学部附属病院血液浄化療法部 西慎一(Shinichi Nishi)
新潟大学医学部附属病院血液浄化療法部 下条文武(Fumitake Gejyo)

                                                         
Summary

骨粗鬆症,腎性骨異栄養症そして透析アミロイドーシス骨関節症は腎移植後に問題となる主要な骨関節疾患である。ステロイド誘発骨粗鬆症は,移植後に回避できぬ合併症であり,高齢者レシピエントではその発症頻度が増す。移植腎による腎機能回復は,二次性副甲状腺機能亢進症を改善方向に導くが,三次性副甲状腺機能亢進症に陥っている症例ではintact-PTHの十分な低下がなく,移植後も腎性骨異栄養症は進行する。透析アミロイドーシス骨関節症は,病型により改善あるいは悪化する。多彩な臨床経過を示す腎移植後骨関節疾患には十分な注意を払い経過観察する必要がある。


Osteoporosis, renal osteodystrophy and osteoarthropathy derived from hemodialysis associated amyloidosis are three major bone diseases after the kidney transplantation. Osteoporosis that is induced by steroid administration is an inevitable side effect and develops more frequently in the elderly recipients. After the recovery of renal function due to grafted kidney, secondary hyperparathyroidism usually improves and the serum level of PTH-intact downs to the almost normal range. However, the patients who have tertiary hyperparathyroidism are unable to show the enough lowering of PTH-intact. In these cases, renal osteodystrophy progresses even though kidney grafts have fine renal function. Osteoarthropathy derived from hemodialysis associated amyloidosis reveals distinct clinical courses depending to the types of diseases. Some of them improve and the remained ones become worse. After the kidney transplantation we must keep to concern for the bone condition of grafted patients.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ