トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2003年3月号(Vol.13 No.3)

P59(299)~69(309)

特集 腎性骨異栄養症 最新の進歩 Seminar

糖尿病性骨症に伴うROD

Renal osteodystrophy with Diabetic bone disease

仁真会白鷺病院内科 久米田靖郎(Yasuro Kumeda)
大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学 稲葉雅章(Masaaki Inaba)
腎臓病態内科学 石村栄治(Eiji Ishimura)

                                                         
Summary

糖尿病腎不全では非糖尿病性腎不全に比し,二次性副甲状腺機能亢進症は軽度であり,骨形成マーカーが低下し,海綿骨の骨塩量の減少がみられる。骨組織学的検討では高代謝回転骨病変は少なく無形成骨症の頻度が高い(30~40%)。これは持続的な高血糖とインスリン作用不足が大きく関与しているが,摂取Ca 量の減少や低ビタミンD血症がさらに病態を複雑なものにしている。糖尿病性腎症骨症への対策として,血糖の正常化がまず重要であり,適切な運動療法やCa の補充をはじめ糖尿病性骨症に対するのと同様な治療が必要である。今後は適切なビタミンD投与法の確立や新たな治療薬の応用が求められる。


Renal osteodystrophy(ROD)in chronic renal failure(CRF)patients with diabetes mellitus(DM)is characterized by lower degree of secondary hyperparathyroidism and higher prevalence of low turnover bone disorders than that in non-DM CRF patients. Particularly, aplasic bone disease is frequently observed(30 - 40 %). Compared to non-DM CRF patients, serum levels of osteocalcin are significantly decreased, and bone mineral density of trabecular bones is significantly decreased in DM CRF patients. Dietary calcium intake is often less than daily requirement, and hypovitaminosis D is frequently observed. Although persistent hyperglycemic state and impairment of insulin action are major contributors to diabetic osteodystrophy, many factors complicate the feature of DM-CRF. Control of blood glucose levels is the most important to alleviate abnormal bone metabolism in DM-CRF patients, and dietary calcium intake should be normalized. Further, therapeutic strategy of appropriate vitamin D administration should be established, in addition to appropriate exercise therapy, in order to prevent the progression of ROD in DM CRF patients.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ