トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2003年3月号(Vol.13 No.3)

P71(311)~75(315)

特集 腎性骨異栄養症 最新の進歩 Topics

腎性骨症とosteoprotegerin

Renal bone disease and osteoprotegerin

新潟大学医学部附属病院集中治療部 風間順一郎(Junichiro James Kazama)

                                                         
Summary

「骨のPTH抵抗性増強現象」は腎不全に特異的な現象である。「骨のPTH抵抗性増強現象」は,生理現象としては外因性PTH負荷時の血清Caの上昇抑制として,病理形態的には血清PTH値から予測されるより明らかに遅い骨代謝回転としてそれぞれ表現される。従って,二次性副甲状腺機能亢進症や無形成骨症の共通の誘発因子となりうる。近年発見された破骨細胞形成・活性化阻害因子であるosteoprotegerinは,「骨のPTH抵抗性増強現象」を誘発する尿毒物質の1つである可能性がある。しかし,腎不全患者の血清osteoprotegerin濃度が高い理由は不明である。


The skeletal resistance to PTH is a phenomenon specifically found in uremia. The skeletal resistance to PTH appears as an anti-calcemic effect against exogenous PTH load in the physiological aspect, and as the discrepancy between serum PTH level and bone turnover in the morphological aspect. Therefore, it can be a common pathogenesis of both secondary hyperparathyroidism and adynamic bone. Osteoprotegerin, a newly found osteoclastogenesis inhibitory factor, may be one of such uremic toxins that promote the skeletal resistance to PTH in uremia. However, the mechanism why circulating osteoprotegerin level is elevated remains unknown.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ