トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2003年3月号(Vol.13 No.3)

P77(317)~80(320)

特集 腎性骨異栄養症 最新の進歩 Topics

PTH測定(whole-PTHの話題)

PTH assay:Whole PTH assay(New IRMA Assay)

東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科 丹野有道(Yudo Tanno)
東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科 重松隆(Takashi Shigematsu)

                                                         
Summary

現在汎用されているintact-PTHは生物学的活性を有するPTH(1-84)以外に,不活性でさらにPTH(1-84)のアンタゴニストでもある PTH(7-84)を測定してしまう。IRMAアッセイであるwhole-PTHアッセイはPTH(1-84)のみの測定が可能である。腎不全患者では intact-PTH> whole-PTHとなり,従来のintact-PTHではPTH活性を過大評価する可能性がある。


The common intact-PTH assay detects not only PTH(1-84)but also PTH(7-84)fragment. Recently, it is reported that PTH(7-84)fragment is the antagonist to PTH(1-84)biological action. Thus, conventional intact-PTH assay might mislead the overestimation of parathyroid function in uremic patients. Whole PTH assay, which detect only PTH(1-84)fragments may be useful for more precise evaluation of PTH activity in uremic patient.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ