トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

CLINICAL CALCIUM 2003年3月号(Vol.13 No.3)

P82(322)~85(325)

特集 腎性骨異栄養症 最新の進歩 Topics

透析患者の歯

Dental changes by long term hemodialysis therapy

日本歯科大学新潟歯学部口腔外科学第2講座 又賀泉(Mataga Izumi)

                                                         
Summary

長期透析に伴う口腔の合併症の1つとして歯における変化について検討した。疫学的にはう触の増加傾向やエナメル質の変性が主体で,これらは全体の30%を占めた。歯髄内の変化としては歯髄腔の縮小と石灰化が,また歯根吸収が特徴的で,原発性高シュウ酸尿症による腎不全患者には著明であった。歯肉の増殖は薬剤の副作用として現れるものが多く,顎骨の増殖性変化は透析性骨症の1つとして現れ,これらは線維性骨炎の所見を呈する。


Dental complications, one of the oral changes, that might occur due to long term hemodialysis therapy has discussed. Particular dental symptoms were increase tendency of dental caries and so-called dental erosion among hemodialysis patients and approximately 30% investigated in our epidemiological study. Intradental lesions such as narrow and calcification at pulp chamber and resorption at apical region of tooth, especially among primary hyperoxaluria, also recognized in radiographic pictures. Gingival hyperplasia were related to medical side effects and enlargement of maxillary and mandibuler bone, fibromatous ostitis, might be occured as one of the bony change in dialysis osteodystrophy.

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ