トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

アレルギー・免疫 2014年8月号(Vol.21 No.8)

P40(1208)~45(1213)

特集 重症薬疹の診断と治療 アップデート

III.薬疹の重症化をもたらす要因

慶應義塾大学医学部皮膚科助教 高橋勇人(Takahashi Hayato)

                                                         
Summary

 現在,薬疹の病型において,Stevens-Johnson症候群(SJS)や中毒性表皮壊死症(TEN)および薬剤性過敏症症候群(DIHS)の3疾患は経過中の高い致死率から重症薬疹として知られている。薬疹の病態はいまだ未解明な部分が多いものの,近年科学的な解析が一部で進んできた。特にHLAと薬剤の関係が疫学的,構造生物学的,免疫学的な解析により明らかになり,重症薬疹をもたらす要因として認識されるようになった。その他,ウイルス感染や治療法の選択が薬疹重症化の要因となりうることが疫学的にも分かってきている。本稿ではこれらについて概説したい。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ