トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

アレルギー・免疫 2014年8月号(Vol.21 No.8)

P46(1214)~51(1219)

特集 重症薬疹の診断と治療 アップデート

IV.重症薬疹とウイルス感染

奈良県立医科大学皮膚科教授 浅田秀夫(Asada Hideo)

                                                         
Summary

 近年,重症薬疹の1つである薬剤性過敏症症候群(DIHS)においてヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)が再活性化することが見いだされ,この報告をきっかけに,薬疹の発症にウイルス感染が広く影響をおよぼしている可能性が指摘されるようになってきた。一方,造血幹細胞移植後の移植片対宿主病(GVHD)においても,HHV-6再活性化が病態形成に密接に関わっていることが示され,DIHSとGVHDがきわめて近い病態であることが明らかにされつつある。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ