トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

アレルギー・免疫 2014年8月号(Vol.21 No.8)

P52(1220)~58(1226)

特集 重症薬疹の診断と治療 アップデート

V.スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)/中毒性表皮壊死症(TEN)の診断と治療

北海道大学大学院医学研究科皮膚科学教室/旭川医科大学皮膚科学講座 齋藤奈央(Saito Nao)
北海道大学大学院医学研究科皮膚科学教室 准教授 阿部理一郎(Abe Riichiro)

                                                         
Summary

 薬疹は,すべての診療科の医師が経験しうる皮膚疾患である。薬疹の最重症型であるスティーブンス・ジョンソン症候群(Stevens-Johnson syndrome:SJS),中毒性表皮壊死症(toxic epidermal necrolysis:TEN)において,発症早期には通常薬疹と臨床所見が類似しており鑑別が困難だが,SJS/TENは急激な経過で紅斑,びらんが拡大し,時に致死的となる。SJS/TENは早期診断と治療が重要であり,本稿ではSJS/TENの診断,治療を中心に解説する。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ