トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

アレルギー・免疫 2014年8月号(Vol.21 No.8)

P80(1248)~86(1254)

特集 重症薬疹の診断と治療 アップデート

IX.重症薬疹の予後

杏林大学医学部皮膚科学教室 臨床教授 狩野葉子(Kano Yoko)

                                                         
Summary

 重症薬疹にはStevens-Johnson症候群/中毒性表皮壊死症(SJS/TEN)と薬剤性過敏症症候群(DIHS)が含まれる。SJS/TENでは治癒後に眼後遺症を引き起こすことが知られているが,この他,呼吸器,食道,外陰部などにも瘢痕性の病変をもたらす場合がある。一方,DIHSでは回復した後数カ月~数年を経て,多彩な自己抗体が出現したり,自己免疫性甲状腺炎,劇症1型糖尿病などを発症することがある。治療との関係や制御性T細胞の機能不全の関与が推測されている。重症薬疹回復後の長期の経過観察が必要である。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ