トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

吸入療法 2017年 Vol.9 No.1

P67~74

吸入療法の指導方法

COPDに対するLAMA/LABA製剤のデバイスについて

藤田保健衛生大学医学部呼吸器内科学II 教授 堀口高彦
藤田保健衛生大学医学部呼吸器内科学II  近藤りえ子

                                                         
Summary

 現在,本邦で発売されているLAMA/LABA製剤は,ウルティブロ®,アノーロ®,スピオルト®の3種類である。それぞれのデバイスであるブリーズヘラー®,エリプタ®,レスピマット®の特徴と,吸入指導時のポイントについて概説した。正確で丁寧な吸入指導は,吸入薬の効果を最大限に引き出し,アドヒアランスの向上に繋がる。視覚で捉えられるデバイスの操作だけではなく,眼に見えない口腔内の状態,特に舌の位置も重要であると考える。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

◆ こちらからお進み頂きますと、
文献データ購入が可能です。
但し、定期購読者は無料。

▲このページの上へ