トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 新薬展望 2017(Vol.53 S-1)

P15(217)~22(224)

第 I 部 新薬創出に向けたプラットフォーム構築

1.データベース ~がん創薬を中心に~

国立がん研究センター先端医療開発センターゲノムTR 分野長 土原一哉

                                                         
Summary

 分子標的薬が薬物療法の主役となり,新薬開発のプロセスも変容している。標的分子の決定,ヒット化合物の探索,リード化合物の最適化,希少フラクションを対象とした新薬の治験,承認申請の効率化など,創薬のあらゆる局面でデータベースの利用が求められている。本稿では,がん創薬を中心に,国内での整備状況と今後の課題,特にオープンサイエンスに向けた取り組みを紹介する。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ