トップページ雑誌案内(オンラインメドジャーナル)新刊一覧(年月別)近刊案内好評既刊書好評シリーズ書図書目録ヘルプ

医薬ジャーナル 新薬展望 2017(Vol.53 S-1)

P23(225)~29(231)

第 I 部 新薬創出に向けたプラットフォーム構築

2.オープンイノベーション 1)アカデミアの立場から

東京大学創薬機構 副機構長/ 特任教授 小島宏建
東京大学創薬機構 特任教授 岡部隆義
東京大学創薬機構 機構長 一條秀憲
東京大学創薬機構 客員教授 長野哲雄

                                                         
Summary

 日本医療研究開発機構(AMED)の設立に見られるように,創薬研究は国家プロジェクトとして推進されており,近年アカデミアでも創薬関連の研究が活発に行われるようになってきた。本稿ではアカデミア創薬の意義とその目標,AMED プロジェクトである「創薬等支援技術基盤プラットフォーム」で行われている低分子医薬品開発のための基盤整備および研究の進捗状況について,具体的な成果を紹介しながら解説した。アカデミア創薬は企業における創薬研究と相互に補完する形で,最終的には強固な産
学共同研究が行われるのが理想である。アカデミア創薬の目標は,POC(Proof of Concept:概念実証)に基づいた有効性・高い安全性・優れた体内動態などの物性を有した医薬品候補化合物の創出であり,それらの成果を治験を含む産学の連携研究に繋げることである。

※外字や機種依存文字は標準文字に変換して表示しております。

この文献の目次ページに移動 全文を見る

▲このページの上へ